• seo
    「SEOとは」の総集編
    2018年7月27日
  • seo
    メタキーワードがSEOに効果がない4つの理由
    2017年11月28日
  • パソコンの画面に何かをライティングしようとする男性 seo
    ライティングのコツ紹介しています!記事書く人おいでよ〜
    2017年12月1日
  • seo
    最新SEO対策NEWな情報だけをピックアップ!
    2017年12月1日
  • メタディスクリプションの書き方を紹介する女性 seo
    メタディスクリプションの正しい書き方を一緒にマスターしませんか?
    2017年12月3日
GoogleからのAMPエラーを修正するように促されるメール本文

 

AMPページエラーメッセージがメールでGoogleから送信されて、慌てて検索している方も多いです。

 

https://example.com のウェブマスター様 お客様の一部の AMP ページが弊社のガイドラインに準拠していないことが判明しました。そのため、該当するページは Google 検索の AMP 関連機能の対象とはなりません。該当するページの一部は Accelerated Mobile Pages レポートでご確認いただけます。

AMP ページのエラーを修正してください

 

Googleからのメールに困っている方に、今回はAMPエラーメールの解決方法を紹介します。

 

まずはどのようなエラーが発生しているのかを確認する

 

まずはAMPのエラーの確認をします。GmailからAMP ページのエラーを修正してくださいというメッセージを開封します。開封すると以下のような表示になります。

 

GoogleからのAMPエラーを修正するように促されるメール本文

 

メッセージの中のボタンのレポートを開くのボタンをクリックまたはタップします。すると、Google Search ConsoleのAccelerated Mobile Pagesに遷移します。

 

SearchConsoleのacceleratedmobilepagesのエラー画面

 

エラーの内容によっても異なりますが、重大度が高い順に修正するのが一般的です。上記の画像の例では、重大度が致命的なものから修正します。致命的というところをクリックすると、致命的なエラーがあるページのURLが表示されます。

 

AMPエラーが発生したURL

 

URLをクリックすると、次にAMPテストを促すボタンが表示されたページが表示されてます。

 

AMPテストボタンが表示された画面

 

このページのページをテストというボタンをクリックします。すると、下記のようにテストが実行されます。

 

AMPテスト実行ページ

 

分析が終わるとAMPエラーの詳細のページが記載されます。もし、AMPエラーが見つからなかった時は下記のような有効なAMPページという表示がなされます。

 

テスト結果で有効なAMPページの場合

 

もし有効であった時はGOOGLEに送信というボタンをクリックして作業を終了します。

 

AMPページエラーの解決法

 

AMPエラーの種類は複数あり、エラー内容によって解決する方法が異なります。ここでは、具体的にAMPページのエラーの解決方法を紹介します。

 

サポート終了のタグまたは属性の使用

 

サポート終了タグを使用しているとAMPエラーと表示されることがあります。サポート終了タグの使用は、AMPエラーの中でも重要ではないエラーなので、ペナルティ対象になることは少ないです。解決方法はAMPテストを実行して、そのまま有効なAMPページと表示されることが多いので、AMPテスト結果画面にある「GOOGLEに送信」というボタンをクリックして解決することができます。

 

HTMLタグの禁止された用法、無効な用法

 

解決に苦労したのがHTMLタグ禁止の用法や無効な用法です。wordpressを使用している人で発生する人が多く、原因はWPプラグインのTable of Contentsです。目次を投稿ページに出力してくれるプラグインです。解決方法はfunction.phpに以下を記述して調節をします。

 

function.phpに追加して調整する
function convert_toc_to_amp ($the_content) {
$pattern = '//i'; $append = '';
if(preg_match($pattern,$the_content,$matches)){
$the_content = preg_replace($pattern, $append, $the_content);
}
return $the_content;
}
add_filter('the_content','convert_toc_to_amp', 9999);

 

Table of Contentsは小見出しに記述された内容の一部をIDとして使用します。つまり、小見出しに「AMPとは何か」という文字を記述すると、spanのIDには自動的にAMPが設定されます。GoogleのAMPリファレンスにもあるように、AMPというIDを使用することは禁止されているので、今回はAMPエラーとなってしまいました。

 

タグの間違え

 

タグの間違えもAMPエラーになる原因です。例えば通常のページには画像を使用する時、imgタグを使用しますが、AMPページではamp-imgが使用されます。タグの間違えでエラーが出ている場合、AMPテスト結果の詳細で知ることができるので、1つ1つ修正をしていく作業が必要になります。

しかし、もしwordpressを使用していて、AMP導入可能なプラグインを使用しており、Googleから「AMPページのエラーを修正してください」というメールを受け取り、AMP有効化のチェックボックスを外し、AMPテストを実行すると、当然AMP変換ができていないので、AMPのタグが使用されていません。

慌てることなく、「AMPページのエラーを修正してください」というメッセージを受け取ってもAMP有効化のチェックボックスを外すのではなく、どのような点にエラーが出ているのかを確認して、1つ1つ解決していけばAMP有効ページにできるはずです。

ampの関連記事
  • GoogleからのAMPエラーを修正するように促されるメール本文
    AMPページのエラーを修正してくださいの3つの解決方法