優秀なシステム開発系Webライターが見つかる4つの探し方

システム開発系のWebライターは、基本的なITに関する知識だけでなく、プログラミングやバックエンド開発、Webデザインなど幅広いスキルが求められます。そのため、システム開発系のWebライターを募集したとしても優秀な人材を見つけづらいです。

 

一方、システム開発系Webライターの需要は非常に伸びています。その理由は、ITの需要自体が増加しているため、システム開発会社が集客目的でライターにお願いするケースが増えているからです。また、プログラミングスクールなど、アフィリエイトで収益を得たいという企業もシステム開発系Webライターの力を借りないと専門的な記事が出来上がりません。そのため、コンテンツの専門性を高めるために、Webライターに依頼するケースが多くなっています。

 

需要は高い反面、人材が少ないので、どのように優秀なシステム開発系Webライターを獲得すればいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

 

今回は、システム開発系Webライターの概要や優秀な人材を獲得するための4つの探し方について解説しますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

 

システム開発系Webライターとは?

システム開発系Webライターとは、主にITスキルを所有するWebライターのことです。ITスキルという非常に幅が広いため、イメージつきづらいという方もいるかもしれません。ざっくり言うと、下記のようなスキルを所有し、なおかつSEOの知識も持つWebライターのことです。

 

  • プログラミング
  • サーバー構築
  • OSの知識
  • Webデザイン
  • 3Dモデリング
  • IoT
  • AIなど

 

このようなスキルを持つライターはIT系のスキルが充実しているため、獲得することができれば、専門性の高い記事を自社コラムで配信し続けられるというメリットがあります。一方、システム開発のスキルを持ちSEO対策もできるWebライターは非常に少ないため、獲得が難しいという点がデメリットです。

 

システム開発のコンテンツ制作に最適なWebライターの4つの条件

システム開発系のWebライターに求められる条件は下記の4つです。

 

  • ITに関する知識があること
  • 文章力があるかどうか
  • SEO対策の知識があること
  • CMS(WordPress等)を使用できること

 

それぞれの条件について詳しく解説していきます。

 

ITに関する知識があるかどうか

システム開発系のコンテンツ制作には、専門性が求められます。SEO対策にもつながる話ですが、専門性の高い記事は上位表示できる可能性が高くなるため、IT知識があるWebライターにシステム開発系コンテンツの制作をお願いすれば集客効率の高いコンテンツ制作を行うことが可能です。

 

文章力があるかどうか

システム開発に長けている方でも文章力がない人は、Webライターとして適切ではありません。例えば、下記のような問題が発生するため、納品後の編集時間(修正等)が長くなる可能性があります。

 

  • 何がいいたいのかわからない
  • 文章として成り立っていない
  • 読みづらい

 

システム開発系Webライターには、ITスキルが必要不可欠ですが、それ以前に文章力が求められます。最高のITスキルがあっても文章力がないとその記事からコンバージョンにつなげにくく、思うような集客を実現することはできません。そのため、システム開発系Webライターと契約する際は、過去の制作記事などを参考に文章力があるかどうか判断する必要があります。

 

SEO対策の知識があるかどうか

ITスキル、文章力に加えてSEO対策に関する知識があるWebライターが好ましいです。さすがに、SEO対策の知識が求めてしまうと獲得できる人材は非常に少なくなってしまいます。しかし、SEO対策の知識があるシステム開発系Webライターに依頼すれば、SEO対策に関する指示を出さなくても集客効果の高いコンテンツ制作ができるため、とても便利です。

 

CMSを使えるかどうか

システム開発系Webライターを選ぶ際は、CMSを使えるかどうかを確認するのがベストです。依頼主によっても異なりますが、WordPress入稿まで対応できるWebライターに依頼したいという方も多いのではないでしょうか?

 

例えば、Wordで納品してもらう場合、入稿作業を自分で行う必要があります。通常業務に加えてメディア運営にも対応するとなると人件費がかかったり、負担が増大したりする可能性が高いです。

 

システム開発系Webライターの中には、WordPress入稿までできる人もいるため、そのようなライターに出会うことができれば、負担少なく自社メディアを成長させるでしょう。

 

優秀なシステム開発系Webライターを獲得できる4つの方法

]優秀なシステム開発系Webライターを獲得するための方法は4つです。ご紹介する方法を試すことで優秀な人材と契約できる可能性もあるので、ぜひお試しください。

 

クラウドワークを利用する

1つ目は、クラウドワークスを利用することです。まだ登録していないという方は、下記のボタンからぜひご登録ください。

 

 

 

クラウドワークスは企業と個人、個人と個人を結びつけるサービスで実際に知っている方も多いのではないでしょうか?

 

クラウドワークスを利用するワーカーの中には、エンジニアやWebライターなど幅広いスキルを持つフリーランスが利用しています。そのため、募集をすれば優秀なシステム開発系Webライターを獲得することができるかもしれません。

 

しかし、ただ単に募集しても優秀な人材を見つけづらいです。では、どのようにすればいいのでしょうか?

 

優秀なシステム開発系Webライターをクラウドワークスで見つけるコツは下記の2点です。

 

  • Webライターを副業にしているSEやプログラマに依頼する
  • TOP class名鑑に乗っているワーカーをスカウトする

 

それぞれのコツについて詳しく解説します。

 

副業を探しているSEに依頼する

1つ目は、副業を探しているSEに依頼することです。

 

企業で働くSEの中には、クラウドワークスを利用して副業をしている方も少なくありません。もし、WebライターとしてSEを獲得することができれば、ITスキルに関しては保障されている形になるため、専門性の高い記事に仕上がる可能性が高いです。

 

しかし、すべてのSEにライティングスキルやSEO対策の知識があるとは限りません。そのため、文章力やSEO対策の知識を重視する方は、ほかの方法を選択するのがおすすめです。

 

TOP class名鑑のワーカーをスカウトする

クラウドワークスで仕事を募集するほとんどの人が仕事募集ページを作成し、公開して人材を募集します。しかし、このやり方では優秀な人材を獲得することは難しいです。

 

一般募集からWebライターを募るとITのスキルがない人や経験が浅いWebライターなど、多くの人が応募します。その中には優秀な人材もいるかもしれませんが、優秀かどうか判別するのが難しく、それに多くの時間がかかってしまうのです。そのため、非常に手間がかかってしまいます。

 

優秀な人材を獲得したい人は、TOP class名鑑の中から気になる人材に対して直接スカウトするのがおすすめです。TOP class名鑑はクラウドワーカーの中でももっとも実績がある100人に選出された人材になります。経験豊富な人材を簡単に獲得することができるので、すぐに優秀なWebライターにお仕事を発注したいという方におすすめです。

 

検索エンジンからブログを見つけて依頼する

2つ目は、Googleから技術ブログを見つけてそのライターに依頼する方法です。

 

現在は、技術系記事がインターネット上に数多く公開されています。エンジニアが忘れないためにメモ書き感覚でブログが活用していたり、本格的にアフィリエイトで稼ぐためにブログを運営していたりする方も多いです。例えば、Qiitaでは気軽に誰でも技術系記事を書くことができるため、実際に書いたことがある方もいるのではないでしょうか?

 

ブログのライターに直接声をかけるときは、ブログ内のコメントやお問い合わせからスカウトします。ライターがその話に興味を持ってくれれば、返信を得られるでしょう。

 

SNSで声をかける

3つ目の方法は、SNSで声をかけることです。

 

例えば、TwitterWebライターやシステム開発関連ワードで検索するとWebライターやエンジニアのアカウントがヒットします。依頼できそうな人がいれば、お声がけするのもおすすめです。

 

自社サイトで募集する

4つ目の方法は、自社サイトで募集をすることです。

 

自社サイトで人材を募集することができる場合、それを使わない手はありません。しかし、そもそもホームページのアクセス数が少ないという方は、自社サイトで募集しても応募がないため、厳しいかもしれません。

 

まとめ

今回は、システム開発系Webライターの探し方について詳しく解説しました。ご紹介した方法を実践することで優秀なシステム開発系Webライターに出会えるかもしれません。また、獲得後は希少な人材になるため、できるだけ手放さない工夫が必要です。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事