• seo
    「SEOとは」の総集編
    2018年7月27日
  • seo
    最新SEO対策NEWな情報だけをピックアップ!
    2017年12月1日
  • seo
    メタキーワードがSEOに効果がない4つの理由
    2017年11月28日
  • パソコンの画面に何かをライティングしようとする男性 seo
    ライティングのコツ紹介しています!記事書く人おいでよ〜
    2017年12月1日
  • メタディスクリプションの書き方を紹介する女性 seo
    メタディスクリプションの正しい書き方を一緒にマスターしませんか?
    2017年12月3日
コンテンツSEOのアイキャッチ画像

 

コンテンツSEOという言葉が使われ始めたのが2013年頃です。この頃に広告を見なくなった検索ユーザーが増えたことで、GoogleはGoogleアルゴリズムの方針を転換しました。今までよりもコンテンツを重視して、検索順位づけを行うようになり、コンテンツはSEOにおいてとても重要な要素の1つとなったのです。

コンテンツの重要性は現在でも継続されており、コンテンツ制作を重視してサイト制作をしている人も多いです。今回はコンテンツSEOとは一体どのようなことなのかを紹介します。

 

コンテンツSEOとは

 

コンテンツSEOとは、コンテンツ制作をして、そのコンテンツから検索ユーザーを自然に獲得することです。注目したいところは「自然に」ということです。自然に獲得できることで、高いコンバージョンを得られる可能性があります。

 

コンテンツSEOで得られる効果

 

では、コンテンツSEOで得られる効果にはどのようなものがあるのかを紹介します。

 

検索上位を狙うことができる

 

現在、Googleアルゴリズムはコンテンツを重視しており、検索上位を狙うためにはコンテンツSEOは必須です。情報量が少ないサイトよりも、豊富な情報を提供するサイトの方が検索ユーザーに有益であるとGoogleは考えています。

コンテンツSEOを継続することで、検索数が多いビッグキーワードでも検索上位表示を狙える可能性があります。また、ロングテールキーワードを使用することで、ターゲットを的確に絞った検索ユーザーをゲットできます。

情報配信でコンバージョンを獲得できる

 

情報配信をすることで高いコンバージョン(成果)を獲得できます。検索ユーザーの需要に合ったものを供給しなければ、そのサイトで商品やサービスを紹介しても購入してくれる確率はかなり低いです。

一方で、コンテンツSEOは検索ユーザーが自らサイトにアクセスして、そのページに書かれた情報を読みます。そのページで書かれた情報に沿った商品を販売することで、検索ユーザーの需要に合ったものを提供でき、商品を購入してくれる可能性が高まります。また、ページにアクセスしてくれた方が商品を買わずにページを離脱してしまう可能性は低くなるため、少ないアクセス数でも確実にコンバージョンを得られます。

コンテンツSEOの手法

 

コンテンツSEOの手法は様々です。また、手法はサイトの目的によって異なります。

アフィリエイトサイトの場合

アフィリエイトサイトで採用されるコンテンツSEOの手法は大まかに分けて2つです。

 

商品を紹介するためのコンテンツ制作をする

 

商品を説明するために、ライティングをしたり、商品画像を記事内に貼ってコンテンツ制作を行います。以前までは、この手法は有効でしたが、現在では商品紹介ページが優先的に上位表示されることは少なくなっています。その理由は最初から最後まで商品を紹介した宣伝ページを検索ユーザーに読ませるのは、ユーザーの満足度を下げるからです。

当然、アフィリエイトサイトには商品紹介ページは必要ですが、それだけではCMばかりが流れるテレビのようなものなので、アフィリエイトサイトとして十分ではありません。

 

商品に関わる情報を紹介する

 

近年のアフィリエイトサイトに多いのは、宣伝したい商品に関わる内容の記事をライティングして、間接的に商品の紹介をすることです。

今の時代は、検索ユーザーは無料で情報を閲覧できるだけでは満足しません。広告もできるのであれば表示してほしくないのです。広告とわかると買わないという人も多く、コンバージョンを得られません。商品に関する情報を無料で提供し、広告と認識されにくい広告、もしくはadsenceなどの需要に合った広告を提供できるようにします。

 

商品に関わる情報を配信して間接的に商品を紹介する例
サイト:スポーツ器具を紹介するサイト
記事のタイトル:ランニングマシーンで効率的にダイエットする方法
記事の内容:画像や文章を用いて、効率的にランニングマシーンでできるダイエット方法を紹介。文章最後にダイエットを効率化できるランニングマシーンをさり気なく紹介する。
気づかれない広告を作成する手順
A8netの場合
画像を使用せずにアンカーテキストの広告を使用する
adsenceの場合
記事下部で広告を使用する

 

ホームページやECサイトの場合

 

ホームページやECサイトで採用できるコンテンツSEOの手法は主に2つあります。

 

オウンドメディアの構築

 

オウンドメディアとは、簡単に説明すれば、個人や会社が情報配信できるブログのことです。個人ならまだしも、会社がブログをするの?と驚かれる方も多いですが、企業がオウンドメディアを所有することで自社商品やサービスを伝えたり、広告費用を削減できます。

オウンドメディアを構築する時は、企業用ホームページとは別にサイトを立ち上げて、そのサイトに記事を継続的にアップロードします。ただやみくもに記事をアップロードするのではなく、SEO効果が期待できるSEOライティングのルールに沿ってライティングします。

 

ホームページ内に情報配信できるスペースを設ける

 

サーバーの容量によっても異なりますが、ホームページ内に情報配信ができるスペースを設けます。ホームページで情報配信することで、自然検索からユーザーを自社ホームページ内に流入させることができます。

 

コンテンツSEOが大変な理由

 

コンテンツSEOは楽で簡単ではありません。大変な理由を下記にまとめます。

ライティングが大変

 

文字書くだけだと考える方もいますが、コンテンツSEOでコンバージョンを得るためには複数の記事をアップしなければなりません。そのため、文字を書く量が多いので、ライティング作業が大変です。

SEOに効果があるライティングを方法を理解するのが難しい

 

ライティングをする時は、まず正しいSEOライティングの方法を知ることが求められます。もし日記のようにやみくもに記事をアップしても思うような効果を得られないことがあります。

コンテンツSEOの取り組みの手順

 

コンテンツSEOの取り組み方を知ることで、今からでも始められるようになります。下記にはコンテンツSEOを取り組まれる方のために手順を①から⑤まで紹介します。⑤まで終えたら、継続的に①から⑤まで繰り返して、サイト内のコンテンツを充実させます。

 

①キーワードの選定

 

キーワード選定はコンテンツSEOにおいて非常に重要なことです。キーワードによってターゲットの絞り込みができたり、選定によりアクセス量が変化するからです。

 

②タイトルの決定

 

1つ1つの記事にはタイトルを決めるのが一般的です。SEOに効果のあるタイトルの正しい決め方を知ることで、検索流入数を増やせたり、SEO効果を得られる可能性があります。

 

③記事の作成

 

記事を作成する時はSEOライティングをします。ライティングをする時は、キーワードやタイトルに沿って行います。

 

④記事を公開する

 

記事を公開するためにWEB上にアップロードして、その情報を多くの人に知ってもらいます。

 

⑤Search ConsoleのFetch As Googleで公開したことを知らせる

 

公開した記事をGoogleに知らせるために、Google Search ConsoleのFetch As Googleで公開した記事のURLをリクエストします。

seoの関連記事
  • CopyContentDetectorのホームページ
    CopyContentDetectorの一致率を下げる方法!是非お試しあれ
  • 「SEOとは」の総集編
  • キーワード選定に励む女性
    SEO効果があるキーワードを機械的に生み出す方法
  • アフィリエイトで稼ぐアイキャッチ画像
    SEO対策をしてアフィリエイトでしっかりと稼ぐ方法
  • アフィリエイトアイキャッチ画像
    SEOの観点から有名なのアフィリエイトサイトを調査した