THE THORはSEOに強い?真実とデメリットを知り後悔しない買い物を!

<この記事でわかること>
・THE THORの魅力
・THE THORに乗り換えた後のSEO効果
・THE THORのダメなところ

THE THOR(ザ・トール)とは!?

集客効果・コンバージョン率アップにこだわったWordPressのテーマです。THE THORでは、テーマ&サポートプランとらくらくサーバーセットプランがあります。

・テーマ&サポートプラン: 14,800円(税別)
・らくらくサーバーセットプラン: 27,400円(税別)

テーマ&サポートプランは、THE THORのテーマをダウンロードすることができ、サポートを得られるプランです。らくらくサーバーセットプランは、テーマ購入だけでなくサーバー契約も一緒に行うことができます。詳しくは公式サイトのプラン説明を確認してください。

THE THOR公式サイトへ

 

THE THORの特徴を徹底解説!客観的な意見も同時掲載

WordPressのテーマはたくさんあります。そのため、ほかのテーマにはない機能などを知っておきたいという方もたくさんいますよね!THE THORの特徴をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。ちなみに、広告クリック設置が簡単など、当たり前の特徴は省かせていただきました。

 

読み込み速度が早くSEO効果が期待できる

Test My Site計測した結果、読み込み速度は4秒です。比較的早いほうなのではないかと思います。

しかし、1番気になることは、「なぜ速いのか」ということでしょう。公式サイトなどさまざまなサイトを探しましたが、具体的な説明を書いているところはありませんでした。残念、、、。

 

THE THOR公式サイトへ

 

テーマにPWAを導入

かなり難しい話になってしまいますが、THE THOR にはPWAが導入されています。PWAとは、モバイルアプリとWebサイトのいいところだけをつまみ出しそれを凝縮した技術のことです。インストールが不要で、スマホのホーム画面にプッシュ通知やアイコン追加をすることができます。また、オフラインで利用可能なので、表示速度を高速化することも!最新技術でメリットがたくさんあるPWAですが、THE THORに乗り換えれば利用することが可能です。

 

THE THOR公式サイトへ

 

記事のデザイン力がアップ!

スマートエディタ搭載で記事のデザイン性を上げられます。カッコいい名前ですが、デフォルトのエディタが拡張されていて、機能が豊富になっているということです。

例えば、見出しが53種類あります。アイコンも498種類あり、慣れるまでに時間がかかるでしょうが、記事にさまざまな素材を取り入れることができるでしょう。

 

THE THOR公式サイトへ

 

ランキング作成機能が搭載

アフィリエイトサイトや商品紹介サイトなど、ランキング形式で何かを紹介するとき、ランキング作成機能を利用できます。クリック操作だけで作れますので、執筆作業の短縮が可能です!

 

レスポンシブ対応

一応紹介しておきますが、レスポンシブ対応です。現在、レスポンシブ対応は当たり前なので詳しく紹介しません。

 

画像の加工ができる

トップページの画像は静止画、背景動画、スライドショーの3パータンがあり、自由に選択できます。また、画像を加工することもできるため、別で編集ソフトを準備しなくてもOKです。

 

絞り込み条件検索が利用できる

絞り込み条件検索は、複数の条件を選択してその結果を出力する機能です。絞り込み条件検索が利用できるため、アフィリエイトサイトだけでなく求人サイト構築のときも利用しやすいでしょう。

 

THE THORに乗り換えた後のSEO効果

ブログやホームページ、アフィリエイトなど、Webサイトの本来の目的は収益を得ることですよね。収益を得るために、検索順位で上位表示されなければなりません。そのためには、SEO対策が必要不可欠です。

THE THORへの乗り換えを検討している人の中には、「SEO効果が得られるのか?」「乗り換えた後にPVが下がってしまうのではないか」と思っている方もいるのではないでしょうか。そこで、実際にTHE THORに乗り換えた人のSEO効果をチェックしていきましょう。

 

Search Consoleの平均検索順位が10も上がる

Search Consoleですべてのページの検索順位の平均を見ることができます。もちろん、検索順位の平均が上がれば上がるほど上位表示されているということがいえます。THE THORに乗り換えた人の中には、この平均が10もアップしたという方がいます。そのため、乗り換えれば一定のSEO効果を期待できるでしょう。

 

SEOの点数が高い

THE THORを使用するとSEOの点数を90点以上取れます。数字的にもSEO効果が期待できると言えそうです。

 

AMPを導入すると検索順位が下がる

THE THORではPWAとAMPを利用できますが、AMPを使用するとエラーが発生して検索順位が下がるそうです。そのため、THE THORでAMPを導入すると逆効果となってしまう可能性があります。

THE THOR公式サイトへ

 

ここがダメ!THE THORの残念なところ

テーマ紹介系の記事はダメなところを書きませんよね。デメリットは見せないという記事が多いのではないかなと思います。実際、そのテーマの悪いところも見ておかないと買った後に後悔してしまうということも多いはずです。ここでは、ダメなところを集中的に解説していきます!

 

エラーに苦しんでいる人も多いということ

THE THORに変えてエラーが起こり、その対処に追われている方が多いです。起こっているエラーが下記になります。

・AMPのエラー
・cURL error 28というエラーで更新できない
・WordPressの管理画面に入れなくなる
・Adsenseのレスポンシブ広告がはみ出す
・WordPressの503エラーが大量に発生
・カスタマイズの画面が真っ白

 

もちろん、アップデートなどで改善されているエラーもありますが、エラー祭りと言っている人もいるように、エラーには気をつけたほうがいいという印象です。特に多いのがAMPのエラーですね。

 

THE THORとGutenbergの相性が悪い

WordPressの新エディタとTHE THORの相性が良くないようです。いつもクラシックエディタで編集しているという方は問題ないでしょう。

慣れるまでに時間がかかる

THE THORを調査しましたが、SEOに強いがエラーも起こりやすいという印象です。恐らく、慣れるまでに一定の時間がかかるのではないかなと思います。

THE THORでは、購入前のメールサポートを実施しています。エラーが気になる人は、購入前に聞いて直っているのであれば購入するという選択肢もあるでしょう。

 

THE THOR公式サイトへ