【たった3分】ブログ記事の最適な文字数は3000文字!その驚愕する理由とは!?

<この記事でわかること>
・記事の最適な文字数
・なぜ3,000文字ぐらいがいいのか
・長文はやめておいたほうがいい理由

 

1記事の適切な文字数は!?

2,000文字以上3,000文字以下と考えています。ほかのブロガーの人でもこの文字数を適切と考えている人は多いのではないかと思います。では、なぜこの文字数がいいのか詳しく解説していきます。

 

サクッと悩みを解決したい人が多い

本であれば、休日1日かけてゆっくりと読書をしたいと思う方もいるでしょう。しかし、ブログ記事は書籍ではありません。大抵、インターネットで検索している人は、短時間で悩みを解決したいという方が多いでしょう。つまり、知りたいことを完結にまとめてあり、なおかつ納得できる内容が欲しいというわけです。

そして、それを実現できる文字数が2,000〜3,000文字程度というわけですね。大体、3,000文字の記事は読み終えるまでに3分程度です。長時間かからずサクッと読むことができますよね。また、3,000文字程度なら内容が薄いわけではありませんので、しっかりと読者が納得できる内容を書けるというわけです。

ちなみに、これはYouTubeにも言えることです。YouTubeはテレビとは違い短い時間で何種類の動画を見たいと思っている方がたくさんいます。また、短時間で悩みを解決するためにYouTubeで検索するという方も多いです。そのため、1再生1時間といった再生時間の長い動画は見れたものではないというわけですね。

 

 

オリジナルの記事がちょうど書ける文字数

あまりにも文字数が少ないとほかの記事と被ってしまいます。実際に、現在インターネット上にある記事数は想像できない数であることは間違いありません。なぜなら、1つのサイトで100記事以上あるものはたくさんあり、それらのサイトが数万とあるわけですから全体の記事数はものすごい数になることが想像できます。

しかし、検索順位で上位表示させるためには、ほかの記事の内容と被らないことが重要です。同じ内容のページを検索順位1位と2位で表示させることは好ましい状態ではありません。

そのため、すでにインターネット上にある記事と被っている記事は圏外に飛ばされます。つまり、被らない記事を書かないと上位表示されないというわけです。

文字数が少なければ少ないほど、ほかの記事に被りやすく多ければ多いほど被りづらくなるということは理解できると思います。そして、ちょうどコピペ率が高くない記事にするための文字数は2,000文字〜3,000文字というわけです。

 

 

ロングテールキーワードで流入を狙える文字数が3,000文字程度

ロングテールキーワードを使ったSEO対策はとても有名です。3つ以上のキーワードを使って記事を書く手法ですね。例えば、ロングテールSEOにはターゲットの絞り込みができるので、読者の心に刺さる文章を読んでもらえるというメリットがあります。

ロングテールSEOは複数のキーワードを使用するので、書き上げるのにある程度文字数が必要になります。なぜなら、キーワードが3つあったら、その分文字数も増えますし、各事柄に対する説明を入れなければなりませんので、文字数が増えるというわけです。

3,000文字というのはロングテールSEOをやる場合でも対応できる文字数になります。

 

 

 

1記事にさまざまな内容を詰め込むのはダメだから

1記事にあれもこれも内容を詰め込むというよりも、1記事に1つの内容というのがベストです。Googleのウェブマスター向け公式ブログを見ればわかりますが、1記事1つのテーマで、ほかのテーマに関しては別ページで説明をしています。

もし、文字数を多めに設定するとあらゆる内容を説明しがちになります。そのため、あとで文章をほかのページにわける作業が必要となるわけです。しかし、文字数を2,000文字から3,000文字に設定すると、3,000文字で書ける構成に抑えようとするため、1記事に複数のテーマが入ることを防げます。そのため、1記事1テーマのシンプルな記事が書けるわけです。

 

 

直帰率が下がるから

1記事の文字数が多く、何もかも説明されていると読者はそのページだけで満足してしまいサイト内をクロールする可能性が低くなります。つまり、離脱率が上がってしまうというわけです。

一方、1記事をコンパクトにまとめて余分な内容はほかのページで説明することで、内容をもっと知りたいという方はサイト内にあるほかのページにアクセスしてくれるので、離脱率が下がります。離脱率は検索順位にも大きく影響を与えるオーソリティですよね。

何もかも詰め込むのではなく、シンプルに内容を書ける文字数が3,000文字程度ということです。

 

 

長文はやめておきましょう!

文字数が多ければ検索順位が上がると思っている方も少なくありません。1記事10,000文字の記事などもよく見かけます。しかし、検索順位と文字数が比例することはありません。実際に、ビックキーワードで検索すればわかることです。恐らく、検索エンジンはそんなに単純ではないでしょう。

試しで長文の文章を書いたことがありますが、実際に上位表示されることなく圏外に飛ばされるという経験が多かったです。

また、SEO対策として有名なバズ部さんがいますが、バズ部さんは長文の記事をよく書かれていました。しかし、今ではリンクにわけてコンパクトにしているのがわかります。そのページは「SEO」で検索すると2ページ目にヒットしますのでチェックしてみてください。

 

もちろん文字数だけではない

今回は、1記事何文字がいいのかについて解説しましたが、記事を書く上で文字数が何文字かということが再優先事項ではありません。なぜなら、文字数だけで検索順位を決めていないからです。例えば、記事のクオリティなどさまざまな要素によって決められているので、2,000文字〜3,000文字の記事を書けば1位を独占するということはありません。