• seo
    メタキーワードがSEOに効果がない4つの理由
    2017年11月28日
  • seo
    「SEOとは」の総集編
    2018年7月27日
  • seo
    最新SEO対策NEWな情報だけをピックアップ!
    2017年12月1日
  • メタディスクリプションの書き方を紹介する女性 seo
    メタディスクリプションの正しい書き方を一緒にマスターしませんか?
    2017年12月3日
  • パソコンの画面に何かをライティングしようとする男性 seo
    ライティングのコツ紹介しています!記事書く人おいでよ〜
    2017年12月1日
キーワード選定に励む女性

 

SEO効果があるキーワードを機械的に量産することができれば、効率的にインデックス数を増やすことができます。今回はどのように機械的にキーワードを生み出すのか、まずはあまり知られていない方法から基本的な量産方法を紹介するので、時間に余裕がない人でも、上の小見出しだけでもチェックすると今後のブログ、ホームページ運営に役立てられます。

 

共起語ツールから量産する

 

共起語とは、キーワードに沿って文章を書いた時に必ず登場する言葉のことです。詳しくは、共起語でSEO効果大!〜共起語の選定方法まとめ〜を確認してください。共起語からキーワードを連想することができ、上手く利用すれば共起語から機械的に生み出すことができます。

 

共起語からキーワードを機械的に生み出す方法

 

まずは共起語ツールを選びます。今回はNeo Inspirationの共起語検索を使用します。まずはビッグキーワードを入力します。

 

共起語ツール表示画面

次に検索ボタンをクリックすると、少し時間はかかりますが下記のように共起語一覧リストを取得できます。

 

共起語リストが表示された画面

この中から自分が記事化できそうなキーワードを拾い出すこともできます。また、ビッグキーワードだけでは多くのキーワードを取得できないので、共起語をそのまま共起語ツールで検索して更に連鎖させて増やしていくことも可能です。

 

Googleサジェストからキーワードを生み出す

Googleサジェストはキーワードを生み出す時に使える検索エンジン標準のツールです。下記のように検索画面からGoogleサジェストを取得することもできます。

 

Googleサジェストが表示されたブラウザ

また、Googleサジェストツールを使用して、関連するキーワードを一括で出力することも可能です。

 

サジェスト抽出ツールが表示されたウィンドウ

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)をさっそく使ってみる

 

既にWEB上にアップされているURLからSEO効果のあるキーワードを拾う

ここからは少し有名ですが、Google Adwardsのキーワードプランナーの機能にある、ライティングページのURLからキーワードを拾う方法です。

 

まず自分が記事化したいテーマを決めます。すると自ずと使うキーワードが決まります。例えばSEOについての記事を書きたいなら、SEOというキーワードが思い浮かべることができます。そのキーワードでまずはGoogleで検索をします。すると、同じテーマの記事が検索結果に現れます。自分で好きなページを選び、そのページのURLをコピーします。

次にキーワードプランナーにアクセスして、フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索という部分をクリックします。クリックするとライティングページという入力フォームが現れます。先程コピーしたページのURLをペーストします。

 

ライティングページにURLを入力している画面

そして候補を取得というボタンをクリックします。

 

候補取得ボタンを押下

するとキーワード候補の画面に遷移し、ライティングページで使われているワードからキーワードを自動で抽出してくれます。

 

ライティングページから候補を取得することで月間検索ボリューム数が数万のキーワードをゲット

キーワードの内容によっても異なりますが、1ページのライティングページで100万〜1000万アクセスを見込めるキーワードリストを取得することができます。

 

キーワードプランナーを使用した基本的なキーワード量産方法

 

次はSEO対策をした人であれば1度は行ったことがあるキーワード選定方法です。同様にキーワードプランナーを使用します。まずはキーワードプランナーにアクセスして、先程と同様にフレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索という部分をクリックします。そして、宣伝する商品やサービスにサイトに関連する言葉を入力します。もしこのサイトを例にすれば、SEOについてのコンテンツを作っているので、SEOと入力します。

 

キーワードプランナーのフレーズから宣伝する商品やサービスを入力している画面

入力できたら、候補を取得のボタンをクリックします。

 

キーワードプランナーので候補を取得している画面

とりあえず、その言葉に関連した候補のキーワードを取得できますが、入力した言葉によっては日本語ではないキーワード候補が表示されます。また、入力した言葉が含まないキーワード候補が表示される場合があるので設定をし直します。まず、下記のようにキーワードオプションをクリックします。

 

キーワードプランナーキーワードオプションを選択する画面

キーワードオプションをクリックするとオプション設定項目が出てきます。項目の中の「入力した語句を含む候補のみのを表示」をオンにします。

 

入力した語句を含む候補のみを表示するにチェック

これで、入力した言葉を含くむ候補だけを表示させることができます。次に言語設定です。特に「SEO」など日本語以外の言葉の場合、英語もキーワード候補として出力されてしまいます。そのため、言語を日本語にしておくと英語を排除でき、効率的にキーワードを生み出せます。

 

日本語を選択

また、キーワード候補一覧で、月間検索ボリューム数が高いものを優先的に表示されることができます。優先的に表示させたい時は、「月間平均検索ボリューム」を選択します。

 

月間検索ボリュームを選択している画面

月刊検索ボリューム数だけでなく、競合性が低い順、高い順の設定も可能です。競合性が低いものを選択したい時は、「月刊平均検索ボリューム」の隣にある「競合性」のボタンをクリックしてください。

 

競合性をクリックしている画面

月刊平均検索ボリューム数が多ければ多いほど、アクセスが多いキーワードを選ぶことができます。逆に少ないと、そのキーワードで見込めるアクセス数も少ないです。

競合性が高ければ上位表示させることが難しく、低いと上位表示難易度は低くなります。

 

おしまい

 

もし他の方法があれば随時追記していきます。共起語やキーワードプランナーの機能を利用してあなたが記事を書く上で必要なキーワードを機械的に量産してみてはいかがでしょうか。

seoの関連記事
  • 「SEOとは」の総集編
  • キーワード選定に励む女性
    SEO効果があるキーワードを機械的に生み出す方法
  • アフィリエイトで稼ぐアイキャッチ画像
    SEO対策をしてアフィリエイトでしっかりと稼ぐ方法
  • アフィリエイトアイキャッチ画像
    SEOの観点から有名なのアフィリエイトサイトを調査した
  • ビッグキーワードでSEO対策をする女性
    ビッグキーワードを上位表示させるSEO施策6選