記事のキーワードの決め方をステップ別にご紹介!

Google検索フォームのキーワード

 

記事のライティングをする前にキーワードを選びますよね。この記事では具体的なキーワードの決め方をステップに分けて解説していきます。ご興味のある人はぜひご覧になって下さいね。

 

ステップ1〜集客したいターゲットを決めるから〜


 
まず、キーワードを選ぶ前に集客したいターゲットを決める必要がありますよね。ターゲットを決めるのが1番始めに行うステップです。

ターゲットは簡単に言えばサイトに来て欲しい人ということになりますね。ターゲットを選んだら自然とたくさんキーワードが思い浮んでくるかと思います。例えば、美容系のサイトの場合、下記のような感じで行なっていくことになります。
 

  1. 美容液を売りたいから美意識が高い女性をターゲットにしよう
  2. 美意識が高い人はお肌の悩みがあるよね
  3. シミとかニキビとかいったキーワードがいいかもね

 

ステップ2〜キーワードの数を決める〜

 

次にキーワードの数を決めましょう。一般的にキーワードの数は1個〜3個までです。よく1個だけのキーワードを単一キーワード、2つのキーワードをミドルキーワード、3個以上をロングテールキーワードと言いますよね。

キーワードの個数の選び方は、SEO対策の難易度とアクセス見込み数で考えるといいと思います。キーワードの個数が1つの場合、難易度はマックスになります。

一方、キーワード数が多いロングテールキーワードはSEO対策の難易度が下がりますね。また、キーワードの個数が少ないとアクセス見込み数が増え、ロングテールキーワードのように長いキーワードだとアクセス見込み数は少なくなります。これらの要素を吟味してキーワード数を決めると良いでしょう。

ステップ3〜キーワード選定ツールを使う

 

キーワードの数が決まったら、次にキーワード選定ツールを使って具体的にどのようなキーワードでライティングするのかを決めます。キーワード選定ツールはGoogleキーワードプランナーが有名ですよね。ちょっと簡単に使い方のコツをご紹介しますね。

 

Googleキーワードプランナーの便利な使い方

キーワードプランナーが表示されたウィンドウ

Googleキーワードプランナー

 

昔よりもかなり仕様が変わっていますが、キーワード候補にキーワードを入力すると関連性の高いキーワードと、そのキーワードの検索ボリューム数、競合性が表示されます。

これらの情報を見て決めましょう。やってみると結構簡単ですよ。

 

最後まで読んでくれてありがとう!

キーワードが思い浮かばなくなったら、たまにはライティングおやすみしてもいいと思います。気楽にやっていきましょう!