【SEO集客効果アップ】タイトルの正しい決め方

タイトルタグが本に書かれた画像

 

タイトルはその記事のテーマであり、言葉のチョイスでSEOやアクセス数に大きな影響を与えます。

 

コンテンツSEOと言われるほど、SEO対策に記事は重要です。記事を書くためには、必ずタイトルを決めなければなりません。

タイトルの決め方を正確に把握することで、今まで得られることがなかったコンバージョンを得られます。

 

タイトルの文字数は?

 

タイトルの文字数は、スマホの検索結果に表示される文字数までにとどめておくことが重要です。スマホで表示させられる最大のタイトルの文字数は32文字です。

 

また、文字数が少なすぎると、どのような記事なのか検索ユーザーに伝えられません。最低でも20文字以上の文字数を使用して、タイトルを決めます。

 

SEO(検索エンジン最適化)とは | SEO基礎知識 [SEO HACKS] 16文字
SEO対策とは〜初心者でも分かるSEOの基礎|ferret [フェレット] [color color=”red”]22文字[/color] SEO対策とは? 押さえておくべき24のSEO対策ポイント – Gyro-n【ジャイロン】 [color color=”red”]29文字[/color] 検索エンジン最適化 – Wikipedia 9文字
SEO対策とは 【2017年版 最新SEO】 | デジ研 [color color=”red”]23文字[/color] SEOで成果を出すために必要な知識と実践方法の全て – バズ部 [color color=”red”]25文字[/color] SEOチェキ! 無料で使えるSEOツール [color color=”red”]20文字[/color] SEO対策のためのSEOツール付パッケージ「SEO Pack」|ディーボ 31文字
002.1.SEOってそもそも何!?―SEO対策の基本|初心者でもわかる … [color color=”red”]27文字[/color] SEOの本質とは サイトの目的とターゲットを明確にすること | プロモニスタ [color color=”red”]29文字[/color]

「SEO」検索結果

 

個人的な見解ですが、20文字から29文字以内の文字数でタイトルを決めることで、SEO効果が期待できます。

 

キーワードの決め方のポイント1
SEO効果があるタイトルの文字数は、20文字以上32文字以内です。20文字から29文字以内なら尚良し。

 

タイトルの中にキーワードを含める

 

SEOの基礎ですが、タイトルを決める時にはキーワードを含めます。順序としては、キーワード選定をしてから、タイトルを決めます。キーワードをタイトルに含めないと、検索結果で狙ったキーワードで表示されないことがあります。

 

キーワードの決め方のポイント2
キーワードをタイトルに含める

 

できるだけタイトルの左側にキーワードを使う

 

SEOと検索すると、1位から10位までにランクインしている記事の中で、タイトルの一番左にSEOが含まれている割合は80%以上です。

 

[color color=”red”]SEO[/color](検索エンジン最適化)とは | SEO基礎知識 [SEO HACKS] [color color=”red”]SEO[/color]対策とは〜初心者でも分かるSEOの基礎|ferret [フェレット] [color color=”red”]SEO[/color]対策とは? 押さえておくべき24のSEO対策ポイント – Gyro-n【ジャイロン】
検索エンジン最適化 – Wikipedia
[color color=”red”]SEO[/color]対策とは 【2017年版 最新SEO】 | デジ研
[color color=”red”]SEO[/color]で成果を出すために必要な知識と実践方法の全て – バズ部
[color color=”red”]SEO[/color]チェキ! 無料で使えるSEOツール
[color color=”red”]SEO[/color]対策のためのSEOツール付パッケージ「SEO Pack」|ディーボ
002.1.SEOってそもそも何!?―SEO対策の基本|初心者でもわかる …
[color color=”red”]SEO[/color]の本質とは サイトの目的とターゲットを明確にすること | プロモニスタ

「SEO」検索結果

 

検索結果からも分かるように、タイトルの左側にキーワードを使うことで、SEO効果を期待できます。

 

タイトルの左側にキーワードを使った例
キーワード:「SEO ライティング」
タイトル:SEO効果があるライティング方法を大公開!

 

注意点は「できるだけ」という点です。明らかにタイトルの文章が不自然になる場合、無理に左に使うと逆効果になります。

 

キーワードの決め方のポイント3
タイトルの左側にできるだけキーワードを使う

 

できるだけ数字を含める

 

狙うキーワードによってタイトルに数字を使えることができます。実は、数字を使うことはタイトルの決め方のポイントです。数字を決めることで、検索ユーザーにどのぐらいの情報があるのか明確に伝えることができます。

 

タイトルに数字を使うことで情報が明確に!
◯タイトル:調理器具でおすすめしたい!専門家が教える調理器具30選
☓タイトル:専門家が教えるおすすめの調理器具とは!?

検索ユーザーによっては、さっと把握したい人や長い時間記事を読んで楽しみたい人がいます。数字の数によって検索ユーザーは自分の目的に合わせて、アクセスできるページを選べます。例えば、5選は端的に紹介されているため、サクッと記事を読めます。また、30選の記事は長い時間じっくりと読むことができます。

 

数字の数によって検索ユーザーは、検索結果から自分に適したページにアクセスでき、結果的に検索エンジンはユーザーパフォーマンスを上げられます。Googleアルゴリズムの基本はユーザーファーストです。ユーザーパフォーマンスを上げられるのなら、Googlebotが上位表示させる可能性が高いです。

 

しかし、数字をタイトルに使用して、その数字に合った商品や方法などが紹介されていないページは、検索ユーザーに有益なページとは言えません。タイトルで使う数字と記事の中で、紹介する商品の数はしっかりとマッチさせます。

 

キーワードの決め方のポイント4
タイトルできるだ数字を使う

 

魅力的なタイトルにする

 

魅力的なタイトルにすることで、検索結果からアクセス数を得られやすくなります。集客をアップさせるだけでなく、検索ユーザーがたくさんアクセスするページは有益なページと考えられるので、SEO効果も期待できます。

 

タイトルを決めた後、何度も見返して自分でもアクセスするかどうかを考えます。

 

キーワードの決め方のポイント5
魅力的なタイトルを選ぶ

 

内容が伴っていないのに過剰に興味をそそるタイトルは避ける

魅力的なタイトルは必要ですが、タイトルに沿った内容を記事で紹介できなければ、それは有益なページとは言えません。つまり、過剰に興味をそそるために、タイトルで嘘をついてはいけないということを言いたいです。

 

キーワードの決め方のポイント6
興味をそそるためにタイトルで嘘はつかない

 

「。、」はタイトルでは使いません

 

SEOの基本ですが、句読点はタイトルには使用しません。昔はタイトルに「、」や「。」を含めると、それ以降の文字は表示されませんでした。現在では、句読点を使用しても表示されますが、タイトルではできるだけコンパクトに記事内容を伝えなければならないので、句読点は使わないようにタイトルを決めます。

 

キーワードの決め方のポイント6
句読点や読点は使わない