WordPressの記事作成を代行してもらうライターに求められる5つの条件

WordPressの記事作成代行をWebライターに依頼する際、どのような条件をクリアした方にお願いすればいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか?基本的に募集をかける際は、複数のWebライターから選ぶことになるため、契約するWebライターの基準を設けると選考がスムーズです。

 

今回は、WordPressの記事作成を代行してもらうWebライターに求められる5つの条件をご紹介しますので、ぜひ選考の際の基準にしてください。

 

WordPressの記事作成を代行してもらう際に確認したい5つの条件

WordPressの記事作成を代行してもらう際に確認したい基準は大まかにわけて5つあります。実際に、Webライターに依頼するときは、ご紹介する条件をすべてクリアする方が望ましいです。早速、チェックしていきましょう。

 

WordPressの使用歴

1つ目の条件は、WordPressの使用歴があるかどうかです。

 

WordPressで記事を作成してもらうので、WordPressの知識がない方にお願いすると使い方を教える必要があったり、思うような記事が仕上がらなかったりします。そのため、最低限必要な条件です。

 

基本的には、下記のようなWordPressの知識を持つ方が望ましいといえます。

 

  • 投稿
  • 装飾
  • 画像挿入
  • プラグインの知識

 

使用歴を確認する際は、そのWebライターのブログなどを拝見するといいです。ブログのURLを提示してもらい下記のサイトで調べるとそのサイトがWordPressで構築されているかどうかがわかります。

 

 

そのブログがWordPressを使用して構築していることがわかれば、そのWebライターさんは普段からWordPressを使っていることになります。

 

それに加えて、ブログの運用歴を聞くことでWordPressの使用歴を確認することができるため、選考の際にぜひ活用してみてください。

 

SEOの知識の有無

2つ目の条件は、SEOの知識があるかどうかです。

 

WordPressに直接投稿させるかどうかに限らず、Webサイトの記事制作代行を任せる際に必ず求められるスキルになります。

 

SEOの知識の有無を確認する際は、Webライターのブログ記事を拝見し、下記のような項目を確認するといいです。

 

  • キーワードが使用されている
  • タイトルの文字数が適切(32文字以内)
  • 構成が適切(h2タグやh3タグが正しく使われている)など

 

このような項目がクリアされている場合、一定程度SEOの知識があると判断できます。また、Webライターのブログの記事が検索エンジンで上位表示されているかどうかもSEOの知識を計ることができる重要なポイントです。

 

ブログがないWebライターの場合、「記事の企画の経験があるかどうか」、「ライター歴はどのぐらいあるのか」などの質問を行います。これにより、SEO知識の有無を確認することができるでしょう。

 

文章力

3つ目の条件は、文章力の有無です。

 

WordPressの記事制作代行を成功させるためには、Webライターの文章力が非常に重要です。もし、文章力がないWebライターに依頼すると“何が言いたいのかわからない”、“文章を理解するのにとても時間がかかる”などの弊害が生じます。

 

逆に、文章力のあるWebライターはスムーズに書いてある内容を理解することができるので非常に読みやすいです。そのため、文章力の有無はブログ記事、コラム記事、アフィリエイト記事など目的に関わらず非常に重要なポイントになります。

 

リソースの確認

4つ目は、Webライターのリソースを確認することです。

 

WordPressの記事作成代行を考えている方によって1ヶ月間で依頼したい記事数は異なります。例えば、月間10記事など少ない記事数を依頼したい方もいれば、逆に100記事など、まとまった記事の作成をお願いしたい人もいるでしょう。

 

Webライターによって対応できる記事数は大きく異なります。例えば、主婦とWebライターを両立している方は、1ヶ月に対応できる記事数は少なくなるでしょう。一方、専業ライターは50記事などまとまった記事数を依頼できるので、多くの記事作成を代行してもらいたい方におすすめです。

 

このように、Webライターによって対応できる記事数が異なるので、発注したい記事数に合わせてWebライターを選択する必要があります。

 

コミュニケーション

5つ目の条件は、コミュニケーション能力です。

 

個人事業主のWebライターは仕事を選ぶことができるため、クライアントの対話の仕方もそれぞれのライターで異なります。例えば、メールやチャット以外のコミュニケーションチャネルが無理な方も少なくありません。逆に、電話やWeb会議など幅広いコミュニケーションに対応してくれるWebライターもいます。

 

WordPressの記事代行を依頼する人によってどのような方法でWebライターとコミュニケーションを取りたいのかが異なります。そのため、連絡を取りたいコミュニケーション手段に対応できるWebライターを選ぶのがおすすめです。

 

まとめ

今回は、WordPressの記事作成を代行してもらうWebライターに求められる5つの条件について解説しました。ご紹介した条件を知ることで後悔のないWebライターと契約することができるようになります。そのため、選考の際に活用するのがおすすめです。また、このサイトでは商品・サービスの掲載依頼、ブログ記事の代行依頼を承っています。興味のある方は下記のお問い合わせから気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事