記事を安く発注するコツとは?安い料金で代行する5つのポイント

「Webサイトに掲載する記事をできるだけ安く発注したい!」と思われている方も非常に多いのではないでしょうか?

SEOを意識して記事を作成する場合、どうしても数多くの記事数を公開しなければなりません。例えば、10記事よりも100記事のほうがコンテンツが充実していることになるためSEO的に有利になると考える方が多いでしょう。

しかし、数多くの記事を作成するとなるとその分、ライターに記事を書いてもらわなければならないため、たくさんの費用が発生します。3000文字の記事を文字単価3円で代行依頼する場合、10記事で90,000円、100記事で90万円にも達してしまうのです。

そこで、安く記事を発注したいという方へ、今回はできるだけ安い料金で記事代行を依頼する5つの方法を解説します。安い料金で発注をし、有利にサイト運営を進めていきたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

記事を安く発注する5つのポイント

安く記事を発注するためのポイントは下記の5つです。

 

  • クラウドソーシングを利用する
    ※すでに利用している方はこの項目をスキップしてください。
  • クラウドワークスのタスクを活用する
  • コンテンツ制作に必要な仕事をライターと分担する
    ※非常に重要ポイント
  • 長い期間ライターと契約する代わり文字単価を交渉する
  • 初心者ライターに記事制作を代行してもらう

 

それぞれのポイントを詳しく解説します。

 

大前提!クラウドソーシングを利用する

「安く記事を発注したい」と考えている方は、クラウドソーシングの利用が大前提です。

例えば、記事制作代行業者に依頼する場合、文字単価2~3円必要になります。また、記事制作代行業者のほとんどがクラウドソーシングを利用してライターに発注しているため、クラウドソーシングを直接利用した場合と出来上がる記事の品質はほぼ同じです。つまり、記事代行業者を利用したほうが余分な仲介手数料を多く支払うことになります。

以上の理由から記事を発注する際は、クラウドソーシングを利用したほうが断然お得です。

クラウドソーシングサービスは複数ありますので、選び方に困るという方も多いかもしれませんが、下記の3つのサービスがもっともおすすめになります。

 

 

登録したことがないという方は、この機会に利用してみてください。

 

クラウドワークスのタスクを活用

クラウドワークスのタスクを利用すれば、プロジェクト形式で記事を発注するよりも制作費用が格安になりやすいです。

クラウドワークスのタスクとは、その名の通りタスク形式で記事を発注できる依頼方式のことになります。一般的に、アンケートを集めたいときや情報収集を大量に行いたいときに利用しますが、タスクはライティング案件でも広く利用されています。また、価格も非常に安いので、うまく活用すれば大量の文字を集められる可能性があるのです。

タスク形式は仕事内容を入力し、その後仕事に取り組んだライターの作業内容を確認して検収となります。メールのやり取りもなく、ライターも気軽に参加できるため、素早く記事代行してもらうことが可能です。興味のある方は下記のリンクからクライアント登録を行い、タスク形式でお仕事を発注してください。

CrowdWorks

 

非常に重要!!ライターと作業量を分担する

作業量を分担し、ライターの仕事量を減らすことで制作費用を安く抑えることができます。

記事を作成する場合、企画・執筆・校閲というフローで行われるのが一般的です。さらに作業内容を細分化すると下記のような流れで記事が作成されることが多くなります。

 

  1. キーワード選定
  2. 構成案の作成
  3. 記事執筆
  4. 校閲
  5. 完了

 

発注者の中には、すべての工程をライターに任せる人もいますが、作業量が多いと当然費用も高くなりやすいです。安くライターを獲得できたとしても作業内容を共有したタイミングで契約を解除するライターも少なくありません。作業内容が単価と見合わないので辞めてしまうというわけです。

作業内容を分担することでライターの負担が減るため、安い料金でも引き受けてくれる可能性が高くなります。例えば、下記のように分担すれば、ライターの担当する仕事は記事執筆のみになります。

 

  1. キーワード選定(発注者)
  2. 構成案の作成(発注者)
  3. 記事執筆(ライター)
  4. 校閲(発注者)
  5. 完了(発注者)

 

負担が減るため、文字単価2円から1円に下げても応募を得られる可能性があるでしょう。

 

長期間契約する代わりにライターと文字単価を交渉

長期契約を保証する代わりにブログの記事執筆を依頼することで文字単価を交渉できる可能性があります。

基本的にライターは個人事業主になるため、会社に所属せずに働いています。そのため、仕事が短期で終わるケースも珍しくありません。

長期契約を保証することで、長期間収入に不安がなくなるため、ライターには大きなメリットになりますがあります。また、契約終了までに獲得できる報酬も多くなるため、安い料金でお願いできる可能性があるのです。

しかし、長期契約を保証しなければならないため、ブログやホームページのSEO対策を長期で実施したい方におすすめの方法になります。

 

初心者ライターに記事制作を代行してもらう

最後のポイントは、経験年数の少ないライターに依頼することです。

経験年数が多いライターはどうしても料金が高くなります。実際に発注すれば、品質の高い記事に仕上がりますが、その分料金も高いので、多くの記事数を書いてもらうことは難しくなりがちです。

一方、初心者ライターに依頼をすれば、安い料金で依頼できます。そのため、結果的にお得というわけです。

しかし、初心者ライターの多くは、経験が浅く伝えた通りに仕事をこなしてくれるかどうかはわかりません。すべて使えない記事になるケースもあるので十分に注意した上で発注するようにしてください。

 

まとめ

今回は、記事を安く発注するコツを5つご紹介しました。ご紹介したように、記事は工夫次第で安く発注することができます。特に、作業内容をライターと分担して料金を安くする方法はもっともおすすめです。ご紹介したコツの中に気に入ったものがある方は、ぜひ次回の発注の際に試してみてください。

また、記事発注の依頼は下記のお問い合わせから承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事