中卒ニートから立ち上がった僕!そのやり方は超簡単で学歴関係なし

「高校中退→ニート」という流れをたどり、中卒ニート状態になり、そこから抜け出せずに悩んでいる方もいるでしょう。僕も高校中退→大検→大学中退、そして結果的に中卒ニートになった部類なので、気持ちはよくわかります。しかし、このような僕でもニート生活を抜け出し、ある程度の収入を稼げるようになっています。

今回は、中卒でニートになっている人の悩みを解決するべく、僕が実際におこなったニート状態を抜け出して稼げるようになる方法をご紹介していきます!これを読んで稼げる中卒野郎になってください。

<この記事を読んでわかること>
・中卒ニートからはいあがる方法
・中卒ニートでも高卒や大卒と同じ年収を得る方法

 

中卒で社会に出るのはなかなか厳しい

僕も肌で実感しました。

「中卒で社会に出るのは難しい….」

中卒ニートだった頃に感じた社会の厳しさをまずご紹介していきます。

 

高卒が普通の世の中

昔は、義務教育(中学校)までしか学校に行かせない家庭も多かったです。しかし現在、高校を行かせない親は虐待扱いになるでしょう。そのぐらい高校に行くという流れが常識になっています。

また、高校は誰でも行くことが可能です。もし、お金がなくても育英会などを利用すればお金を借りることができるため、金銭的なことが理由で高校に行けないというのもおかしな話です。つまり、高校に行かない人は普通の人ではないとなるわけですね。

また、このケースが一番多いと思いますが、高校を中退すると高校も続けられなかったやつと判断されます。そのため、高校中退から中卒になった人はダメな人間というレッテルをはられるわけです。

 

募集条件が高卒以上の求人がほとんど

人生で1度デスクワークに就こうと思い、正社員の求人に応募したことがあります。しかし、求人のほとんどが高卒以上です。つまり、中卒は応募すらできないというわけです。土木など職種を選ばなければ正社員になることはできたのかもしれません。しかし、嫌な仕事に応募しても長続きしないことは一目瞭然です。

 

大学にも行けない・専門学校も難しい

僕の場合、これが原因で高認を取得しました。中卒の場合、大学に行くことも専門学校に行くことすら難しいです。就職がでいない、進学ができないという理由でニートになってしまう方も多いでしょう。

 

中卒がニートになるのは自然の流れなのかも

正直、中卒がニートになるのは当たり前と言えますよね。それだけ社会の風当たりが強いわけですから、それに耐えるためにはかなりの根性が必要になります。実際に、中卒ニート時代に感じた、「ニートになるのは当たり前では?」と思ったエピソードを語ります!

 

応募できる求人の選択肢は少ない

「中卒が何を言ってるんだ!」と怒られそうですが、当時デスクワーク志望でした。そのため、事務やIT系の求人を見ていたのですが、高卒以上や短大以上の求人が多く、応募すらできないという状態でした。「選択肢が少ない!」と感じた僕は一生涯ニートであることを覚悟しました。

 

履歴書を見られるのが嫌になりがち

「とりあえずアルバイトするか!」となりました。アルバイトをすればニートではなくフリーターになるというわけです。

アルバイトの面接でも履歴書が必要なのは皆さんもご存知の通りでしょう。当時の僕は面接官にさえも履歴書の学歴覧を見られるのが嫌でした。なぜなら、中学校卒業以降の覧が空欄だからです。ぱっと見ても明らかに空欄が多いのがわかります。

しかも、アルバイトの面接でも必ずその部分を聞かれるわけです。

「なぜ高校辞めたの?」って….。

そのため、アルバイトの面接も怖くなり、ニートになると道を歩みました。

 

就職できたとしても周囲に馴染めない

僕は就職した経験が1度もありません。しかし、わかります。恐らく、就職することができていたとしても、周囲に馴染むことはなかったでしょう。もともと周囲に溶け込みやすい性格ではありませんのでそれも原因なのかもしれません。しかし、結局周囲に溶け込めなければ仕事を長続きさせることは難しいでしょう。

 

中卒ニートでも高卒・大卒並みに稼ぐ方法

お先真っ暗闇のニート時代でしたが、ある方法を試したことで簡単に稼げるようになったのです。しかも、学歴は関係ありません。また、履歴書を出さなくてもお仕事を開始できるようになりました。その方法とは、

 

・フリーランスとして働くこと
・中卒者向けの求人に応募すること

 

の2つです。

 

フリーランスになる

もっともおすすめなのがフリーランスになるという方法です。僕はフリーランスで収入を得られるようになりました。

中卒のニートでも働きやすい理由は、在宅ワークがOKなことです。基本的に業務委託契約を結び仕事をするので、会社に出勤しなければならないということはありません。

また、在宅なので人間関係がありません。つまり、中卒でも仲間はずれされない、周囲に気を使わなくてもいいのです。

さらに、フリーランスの働き方によっては履歴書が不要になります。学歴が関係ないところに自分の身を置けるので、実力さえあればどこまででも稼いでいくことができます!

 

中卒者向け求人に応募する

中卒の中には、どうしても正社員になりたいという方も少なくないでしょう。そのような方におすすめなのが、中卒者向けの求人に応募することです。

中卒者向けの求人になるため、高卒以上という応募条件が設けられていません。つまり、自分が応募できる求人しか掲載されていないのです。「いい求人あった!なんだ….高卒以上かよ」と落ち込むことが一切ありません。中卒者向けの求人で有名なのが下記です。ぜひアクセスして登録してから求人に応募してみてはいかがでしょうか。

キャリジョブ
【 リバラボキャリア 】
大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

 

フリーランスになって稼ぐ方法

求人に応募するという方法もありかと思いますが、現在ニートで悩んでいる人の多くがフリーランスに魅力を感じているのではないでしょうか。実際に僕もニート時代は正社員になるという選択肢はありませんでした。そこで、早速フリーランスになってどのように稼ぐのかを解説していきますので、説明を聞いたあとに試してみてください!

 

クラウドソーシングを利用する

稼ぐ方法はクラウドソーシングを利用することです。クラウドソーシングなら学歴関係なく、今から稼ぐことができます。

クラウドソーシングには固定報酬制タスクがあります。固定報酬制の案件に応募して合格すれば、1万円以上といったまとまった金額を入手することができます。また、タスクはアンケートに答えるように仕事を開始できます。応募や選考がなく誰でもはじめられるというメリットがあります。僕は実際にクラウドソーシングを利用して20万円以上稼いだ経験があります。そのときの報酬の一部を画像で貼っておきます!嘘ではありませんよ!

有名で稼げるクラウドソーシングは下記です。

 

クラウドワークス
Bizseek
サグーワークス
チームワーカーズ

 

それぞれのクラウドソーシングサービスで扱っている案件が異なります。取り組める案件の幅を広げたいという方は複数のサービスに登録しておくことをおすすめします

 

フリーランス向けのエージェントに登録する

これがもっとも稼げる方法です。エージェントに登録して月額80万円以上稼ぐことも夢ではありません。しかし、エンジニア案件が多いです。そのため、プログラミングをした経験がある方やパソコンが好きな方、今後ITに携わっていきたいという方が利用することをおすすめします。

有名かつおすすめのフリーランス案件紹介サイトは下記です。

 

クラウドテック
TechClipsフリーランス
エミリーエンジニア
BTCエージェント
フォスターフリーランス
フューチャリズム
【プロの副業】

 

クラウドソーシングと同様に、フリーランス案件紹介サイトも扱う案件がそれぞれで異なるので、稼ぎたいという方はすべて登録しておくことをおすすめします。

 

ブロガーとして稼ぐ

ブロガーとして稼ぐ方法もあります。ブログで稼ぐためには、Web制作の知識などが必要になりますが、現在では比較ビズ などWeb制作の見積もりを一括で取り、制作を依頼できる場所もたくさんあるので、知識がなくてもブロガー人生を始められます!

しかし、収益化までに時間がかかるというデメリットがあります。そのため、短期間でお金を稼ぐ必要があるという方は不向きです。

もし、ブログをはじめたいという方は下記のリンクでブログのはじる方法をご紹介していますので、ぜひアクセスしてみてください!

 

Webライターへ捧ぐ!ブログ開設の⑥ステップ【超簡単】

 

僕でもできた!きっと君もできる

高校を辞めて大学も辞めた僕でもフリーランスになったら稼ぐことができました。僕でもできるので、あなたもきっとできるはずです。ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてフリーランスデビューをしてみてはいかがでしょうか?