フリーランスが知っておくべき!DXの基礎知識とメリット

フリーランスの中には、DXという言葉をはじめて聞いて「それが具体的に何を意味するのか」を調べている方もいるのではないでしょうか。

特に、フリーランスはパソコンで仕事をする人も多く、IT技術等に触れる機会は少なくありません。そのため、DXというビジネスワードについてしっかりと知っておくべきでしょう。

そこで、今回はフリーランスが知っておきたいDXの基本概要やメリット、課題について解説しますので、興味のある方はぜひチェックしてください。

DXとは?基礎知識を詳しく解説

『DX』とは、Digital Transformationの略で、IT技術を社会やビジネスに浸透させることで、そこで暮らす人たちの生活をより良く変革させること、及びその概念を意味します。簡単に言えば、IT技術を浸透させて生活やビジネスの利便性を向上させようという考え方のことです。

DXと聞くとものすごく難しく感じる方もいるかもしれません。しかし、とても身近な場所にDXが広がっています。例えば、現在銀行ではネットバンキングを利用してお金の振り込みや残高の確認ができますが、これもDXの一例です。

DXと一言で言ってもさまざまな使われ方をします。例えば、下記のように広義と狭義のDXが存在するのです。

  • 社会全体のDX
  • ビジネスにおけるDX

社会全体で使われるDXは広義的な意味を持ちます。具体的には、IT技術の浸透が社会全体の人々の暮らしをより良く変容すること示す概念です。

一方、狭義のDXはビジネスの範囲で使われます。ビジネスシーンのみに適応され、業績の向上や社内変革などを目的にIT技術を浸透させることを指し示すのです。

ちなみに、DX=IT化ではありません。コスト削減などピンポイントの目的を持ったIT技術の活用はIT化です。一方、IT技術を浸透させて社会もしくは社内を全体的に良い方向にブラッシュアップしていくのがDXになります。DXのほうが範囲は広く、将来性に重きを置いている点で大きく異るでしょう。

DXを推し進める3つのメリット

DXを推進することで、さまざまなメリットを獲得することができます。具体的なメリットは下記の3点です。

  • 正確性の向上
  • 市場の中で負けない企業づくり
  • BCPの確立

正確性の向上

1つ目のメリットは、正確性の向上です。

DXを推進することで、さまざまな業務をIT技術に委ねることになります。これにより、手作業が少なくなるため、ヒューマンエラーを防ぐことが可能です。また、人間が手作業で行うべき部分が減るため、作業時間を短くすることができたり、人件費を削減できたりします。正確性だけでなく、働き方改革の推進やコスト削減など、経営面で大きなメリットを得ることができるでしょう。

市場の中で負けない企業づくり

2つ目は、競争力の向上です。

基本的に、DX先行企業はビジネスにおいて優位であるといわれています。なぜなら、情報の収集力や生産性が高いため、効率的な経営を行っていくことができるからです。

そのため、DXを駆使してビジネスを展開する新興企業が現れるとその業界で歴史が長い会社が独占していたシェアを奪われる心配があります。つまり、DXを推進しなければ、市場の中で乗り遅れてしまう恐れがあるでしょう。逆に言い換えれば、DXを推進することで、シェアを他社に奪われるリスクを減らし、生産性の向上により競争力の高い企業づくりができます。

また、消費者の需要に敏感になれる点もメリットです。これにより、どのようなサービスに需要があるのか把握した上でビジネス展開することができるため、その点でも競争力を高められるといえます。

BCPの確立

3つ目はBCPの確立です。

BCPとは、事業継続計画のことで、システム障害などが発生したときも短時間で復旧することができるように計画することを意味します。前線の停滞により線状降水帯が発生し、洪水などが発生すればシステム障害が発生することもあるでしょう。また、日本では大地震により事業継続ができなくなるリスクをすべての企業が抱えているのです。もし、事業継続ができない場合、その期間は利益を得ることができないため、経営にマイナス影響を与えます。

BCPの確立や充実は企業にとって重要な課題です。DXを推進することで、業務効率を図ることができます。これにより、災害などが発生したとしてもリモートワークに切り替えるなど柔軟な対応ができるようになるので、DXの推進はBCPの充実にも一役買ってくれるのです。

DXの課題をチェックしよう

DXの推進は企業や社会に大きなメリットをもたらしますが、一方でいくつかの課題も考えられます。ここでは、課題について触れていきますので、興味のある方はチェックしてください。

理解不足

1つ目の課題は理解不足が挙げられます。普通に生活を送っていても聞く用語ではないので、理解に時間がかかる可能性があるでしょう。もし、曖昧な理解になっている場合、社内で浸透させるのが難しくなるため、DX推進の妨げになります

デジタル人材の不足

2つ目がデジタル人材の不足です。

IT技術を使いこなすためには、デジタル人材が必須になります。もし、デジタル技術に精通している人がいない場合、IT技術の浸透が難しく、システムを導入したとしても使われないというような事態に陥る可能性があるのです。そのため、デジタル人材を育成し、推進に貢献する社内体制づくりが必要です。

DXの概念をもっと詳しく知りたいならDXportalがおすすめ

DXの推進には、基本概念の理解が必須であると述べました。さまざまなサイトを閲覧して調べたが、浅い理解にとどまっている方も多いのではないでしょうか。

DXの概念を詳しく知りたい人は、DXportalがおすすめです!

https://dx-portal.biz/

DXportalは株式会社MUが運営するメディアです。DXの概念を中小企業の経営者や担当者に誤解なく伝えることを目的に作られたメディアになります。深部まで理解をすることができるので、ぜひアクセスしてみてはいかがでしょうか。

DXの理解はフリーランスの活動に役立つ!

今回は、DXの基本概要やメリット、課題についてご紹介しました。現代社会において、IT技術の浸透による人々の変容は必要不可欠であり、DXの推進はビジネスシーンで特に優位に働きます。会社経営者や担当者だけでなく、フリーランスも覚えておくと役に立つ機会が来る可能性もあるので、この機会に理解しておくのがおすすめです。

Template Name: テスト Template Post Type: post