岸田トークンで大注目!?NFTの概要や稼ぎ方を副業視点で解説

現在、NFTという言葉はあらゆるところで耳にするようになりました。例えば、自民党が岸田トークンを配布したというニュースが話題になったのも新しい記憶です。

しかし、それが一体何を意味するのか把握できていない人もいるのではないでしょうか?

今回は、NFTの基本情報と稼ぎ方に焦点を当てて詳しく解説しますので、興味がある方はぜひ参考にしてください。

 

NFTとは!?

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略称で、直訳すると代替不可能なトークンのことです。ブロックチェーン技術を用いてデジタルデータに価値を付与することができる仕組みで、これによりデジタルデータに対しても資産価値を生み出すことができるようになりました。

”代替不可能なトークン”という言葉を聞いてしっくりこないという方も多いのではないでしょうか?皆さんが理解しやすいようにチケットと通貨を例に代替不可能なトークンを解説していきます。

基本的に通貨は代替可能なものです。例えば、AさんとBさんが持っている1,000円は同じ価値になりますので、お互いに所有する1,000円を交換することができます。つまり、交換できる=代替可能なものとなるのです。

一方、アーティストが異なるライブチケットは代替不可能なものになります。例えば、Aさんが持つ歌手AのチケットとBさんが持つ歌手Bのチケットは同じものではないので交換することができません。

NFTもライブチケットと同様に、ほかのものと交換することができないので、代替不可能なトークンとなるのです。

 

副業に最適?NFTの稼ぎ方

実は、NFTを副業にして稼いでいる方も少なくありません。報酬額が1,000万円以上になったケースも過去にはあるため、一攫千金を狙うことも夢ではないのです。

これからNFTを副業にしたいと考えている人の中には、どのように稼げばいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

そこで、初心者でも可能なおすすめの稼ぎ方を3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

①NFT作品を作る

1つ目の方法は、NFT作品を作ることです。

NFTの代表的な作品としては、デジタルアートなどが有名になります。実際に作品を制作して売ることで報酬を得ることが可能です。過去には、75億円でデジタル作品が売れたケースもあります。

②NFTゲームで稼ぐ

2つ目の方法は、NFTゲームで稼ぐことです。

通常のゲームと同様に、やることは普通に遊ぶだけです。しかし、そのゲームの中でNFTアイテムを売ったり、換金できたりするため、副業として稼ぐことができます。

NFTゲームは、ただ単に遊ぶだけでそれが代替不可能なトークンになり、それを相手に売ることで報酬が得られるので、非常に手軽な副業です。

③転売する

3つ目の方法は、転売することです。

NFT作品などを購入し、買ったときよりも高い値段で売ることでその差額を利益として受け取ることが可能になります。NFTは、基本的に転売が禁止されていないため、自由に売り買いを行うことが可能です。通常の転売と同様に購入した時点の価格と売却したときの価格差が報酬になるので、うまく売り買いをすることができれば、副業になるでしょう。

 

NFTに関するさらに詳しい情報はibu blogがおすすめ!

NFTについてさらに詳しく知りたい人は、ibu blogがおすすめです。実際にNFTで100万円稼いだイブさんが始め方から稼ぐ方法まで詳しく教えてくれます。興味のある方は下記のURLからぜひアクセスしてみてください。

 

まとめ

今回は、NFTの概要や稼ぎ方を副業視点で解説しました。NFTは近年登場した新しい仕組みであり、今後も将来性が期待されています。今から副業として始めれば、初心者の方でも稼ぐことができるので、興味のある方はNFT作品を作ったり、NFTゲームをプレイしてみたりするといいでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事