PR

高学歴ニートから簡単に社会に出て働く方法【トラウマありでも余裕】

副業

高学歴は一見、社会から歓迎されそうですよね。しかし、社会では高学歴がネックとなり、場合によっては中卒と同じ扱いを受けることもあります。そして、それに耐えることができずにニートに転落する方もたくさんいます。ニートって辛いですよね?ニート経験がありますので、その辛さは非常によくわかります。

今回、この記事で高学歴のニートの人を救いたいと思います。トラウマがある方でも簡単に社会に出て収入を得る方法を解説しますので、最後まで読んでみてください。

<この記事を読んでわかること>
・高学歴ニートになってしまった理由
・精神的負担なしで社会に出て稼ぐ方法

 

トレフォロ -トレンドフォローサインツール&シークレット手法付き-

公式サイト:https://www.gogojungle.co.jp/tools/indicators/45736

高学歴なのにも関わらずニートになってしまう理由

東大卒や早稲田卒、国立大学卒など高学歴の持ち主なのに、なぜニートになってしまったのかを知る必要があります。原因がわからないと対策しようがありませんよね。そこで、まずは高学歴の方がニートになってしまうありがちな理由をご紹介します。

 

就職活動がうまくいかなくてそのままニート

学校と社会は似ているようでまるで違います。高校や大学は成績が良ければ入学することできますし、卒業することもできます。基本的に黙々と勉強していれば、成績を上げることができるため、話す力がなくてもいいのです。

一方、会社はお金を稼ぐ必要があります。お金を稼ぐためには、営業したり、商品をアピールしたりしてお客さんを獲得しなければなりません。つまり、トーク力や見栄え(垢抜けているかどうか)が重要です。

当然、就職活動の面接でもトーク力や見栄えなどが必要になってきます。今まで勉強しかしてこず、暗い印象でトーク力が弱いと就職活動がうまくいかないことも多いです。そして、たくさんの不採用通知を受け取り、「俺はもうダメだ….」となってしまいニートに転落してしまいます。大学の就職活動は100社近く受けるという方も多いです。自分ならその時点で耐えられませんが、大量の不採用通知が来るわけですから鬱になってもおかしくないですよね。

 

就職したけど人間関係で悩んだ挙句ニートへ

会社に就職するとさまざまな人間がいます。そのため、入社後に人間関係が理由で退職してしまうという方も多いようです。下記にざっと例を挙げておきます。

 

・「上司が体育系なため、声が大きくビクビクしながら仕事をしていたがそれに耐えられない….」
・「靴を隠されるなどのいじめに遭い、やっていく自信がなくなった」
・「同僚と馴染むことができない」

 

そして、退職後もそのトラウマが頭から離れないので、なかなか再就職に踏み出せない→ニートになってしまうという流れですね。実際に、どこの職場に就職しても自分と合わない人は腐るほどいます。そのため、万が一再就職できたとしても人間関係が理由で退職と再就職を繰り返すという人は珍しくありません。

 

学歴差別

高学歴を勝ち取ることはものすごく大変なことです。社会に出ても舐められないように良い大学に入ったという方も少なくないでしょう。

しかし、高学歴の人は社会に出ると逆に学歴差別に遭いやすいのです。典型的な例が下記ですね。

 

・「頭良いよね?言わなくてもわかるよね?」
・「〇〇大学卒業しているのに、そんなこともできないの?」

 

実際に言われたことがあるという方もいるのではないですか?これは自分のような中卒よりもあたりがきついですね。恐らく、高学歴の人が羨ましいのでしょう。そして、結果的に会社に居づらくなり、ニートに転落してしまうのです。

 

仕事内容が合わなかった

仕事が合わなくて辞めたという人がニートになっている場合、恐らく精神面におけるダメージは少ないので、すぐに復活することができるでしょう。なぜなら、仕事内容が異なる仕事に就けばいいだけだからです。

しかし、大学で専攻していたものと関係のある仕事に就いて、それが合わないのは致命傷になります。例えば、法学部を専攻して弁護士になったが、法曹界が自分に合わないだとか、医者になったが、血を見ることができないという感じです。このような場合、ニートになる方も非常に多いことでしょう。

 

再就職の面接で萎えた

何かの理由ですぐに仕事を退職し、再就職をしようとすると、面接を受けることになります。その再就職の面接が耐えられないという方も多いです。その理由は、なぜ前職を辞めたのか聞かれるからです。

「前職は大企業じゃん!もったいないな….。なぜ辞めたの?」

といった感じでしょうか。1社なら別に問題ありますが、再就職活動先が複数ある場合、同じことを何回も言わなければなりません。それが辛いというわけです

また、再び辞めるのではないかという疑いの目を持たれます。前職で1年も続かった方がうちに就職して定年退職まで続くだろうかと面接官が思うのは自然の流れです。

 

トラウマがあってもどのような状態でも健康であれば簡単にニートを脱却できる

高学歴でニートという人は比較的プライドが高く、さらにトラウマも抱えているので非常に解決することが難しいように思えます。実際に、「俺は一生ニートなのかもしれない」と思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、中卒ニートだった僕から言わせれば、高学歴でニートなら僕よりも簡単に稼げるのでは?と思いますフリーランスになって稼げばいいのです!

皆さん、「働くこと=正社員」ではありませんよ?頭の硬い日本人の多くはこう思っている方も多いですが、「働くこと=お金を稼ぐこと」正解です。有名社長も正社員ではありませんし、芸能人も、長者番付に載っている方たちもほとんどが正社員ではありません。

 

ニートでも高学歴ならフリーランスとして余裕でやっていける

 

あなたは、恐らく高学歴ですよね?大学は出ているはずです。東大など有名大学を出ているなら尚更、フリーランスになったほうがいいと思います。なぜなら、高学歴の人はフリーランスで余裕にやっていけるからです。フリーランスと一言で言ってもさまざまな職種がありますが、高学歴フリーランスに共通して言えることをご紹介していきます。

 

高学歴なら高額案件を簡単に取れる

注目すべきは高額案件を取れるということです。高学歴の人は社会からの信頼性が非常に高くなります。また、高学歴の人には高額な費用を惜しまないという人が多いです。さらに、専門性の高い案件も取れるので、高収入を得やすくなります。

 

人間関係ゼロで働くことも可能

いわゆる在宅ワークですね。会社に行く必要もありません。一切外に出ずに働けるというわけです。人間関係に対してトラウマがある人でもフリーランスなら働ける環境があります。

 

これから専門知識を身につけるのも容易

高学歴の人は数学や英語など基礎学習が万全に備わっています。そのため、新しいことを学んでも吸収率が良いため、すぐに専門的知識を身につけられます。そのため、1度お金になりそうな知識を学んでからフリーランスとして働き、高額収入を得るということもしやすいです。

 

高学歴の人がフリーランスとして就ける職業

一般的にフリーランスになりやすい職業は下記の3つです。

 

・ライター
・エンジニア
・デザイナー

 

ライター

フリーランスとしてライターをした場合、Web記事の執筆が主な業務です。仕事の受注から営業まで、メールのみで行うケースが多く、人間関係ゼロでできるお仕事になります。高学歴の人であれば、専門性の高い記事を書くことができるため、高収入を得やすいです。また、弁護士など資格を持っていれば、監修ができるので、さらに高額な報酬を得やすいでしょう。ちなみに、ライターは中卒の僕でも働くことができますよ!中卒と同じは嫌だなんて言わないでくださいよ!

 

エンジニア

プログラミングをしてシステム開発をするお仕事です。エンジニアには在宅ワークと常駐の2つの働き方があります。在宅ワークは自宅で仕事をすることですが、常駐は会社に足を運びそこで社員と一緒に働きます。常駐でも雇用形態が異なるため、人間関係が薄くなりがちです。そのため、人間関係にトラウマがある人も働きやすいでしょう。

 

未経験でもWEB業界に挑戦したい!【.pro】

 

デザイナー

案件は多くありませんが、デザイナーとしてフリーランスで働くことも可能です。特に多い仕事は、Web素材の作成になります。

 

どのように働けばいいの?

働かないことには高学歴ニートから脱出することはできません。実際にどうすればいいの?と思われる方もいるでしょう。方法は簡単です。下記の3つの中から1つを選択すれば高学歴ニートを脱却することができます。

 

フリーランス紹介案件サイトに登録する

1つ目はフリーランス紹介案件サイトを活用することです。とにかく高額案件が多く、少しプラグラミングができる、情報系の資格があるという人なら月収80万円を稼ぐことも余裕で可能になります。有名なフリーランス紹介案件サイトは下記に記載しておきますので、高額収入を得たいという人はすべての紹介案件サイトに登録しておくことをおすすめします。

 

クラウドテック
TechClipsフリーランス
エミリーエンジニア
BTCエージェント  
フォスターフリーランス
フューチャリズム
【プロの副業】

また、下記のページで絶対に登録しておきたいフリーランス案件紹介サイトをピックアップしていますので、興味のある方は要チェックです!

フリーランス案件紹介サイトは3つだけ登録しておけばいいです!

もちろん、登録は無料になりますので、月々費用がかかることはありません!

 

クラウドソーシングを利用する

2つ目の方法は、クラウドソーシングを利用することです。クラウドソーシングはインターネット上でお仕事の獲得〜納品、収入の受け取りまで完結するサービスになります。つまり、人と一切会わずにお仕事をすることが可能です。

また、クラウドソーシングは固定報酬制とタスク形式のお仕事があり、タスク形式はアンケートに答えるようにお仕事ができます。固定報酬制よりも料金は安いですが、人と一切関わりたくないという方におすすめです。

実際に僕はタスクで月15万円以上稼いだことがありますので、中卒でもそのぐらいは稼げるということは覚えておいてくださいね!証拠として一応タスクで稼いだ報酬の一部を画像で貼っておきます!

ちなみに有名なクラウドソーシングは下記です。

クラウドワークス
Bizseek
サグーワークス
チームワーカーズ

クラウドソーシング各社で紹介されている案件が異なりますので、取り組む案件の幅を広げたいという方はすべてのクラウドソーシングに登録しておくことをおすすめします。

 

オンラインマーケットを活用する

いわゆるココナラなどがオンラインマーケットとして有名です。フリーランス案件紹介サイトやクラウドソーシングよりも報酬を得るハードルが高くなります。なぜなら、ココナラの利用者に商品を買ってもらわなければならないからです。下記にココナラのリンクを貼っておきますので、一応登録しておくのもありですよ。

ココナラ

まじで高学歴ならフリーランスでかなり稼げる

断言します!僕のような中卒よりもあなたのような高学歴の方のほうが稼げます。なぜなら、高学歴のほうが案件に応募できるチャンスが多いからです。それは求人も同じですよね。絶対に稼げるようになるので、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました