• seo
    最新SEO対策NEWな情報だけをピックアップ!
    2017年12月1日
  • メタディスクリプションの書き方を紹介する女性 seo
    メタディスクリプションの正しい書き方を一緒にマスターしませんか?
    2017年12月3日
  • パソコンの画面に何かをライティングしようとする男性 seo
    ライティングのコツ紹介しています!記事書く人おいでよ〜
    2017年12月1日
  • seo
    「SEOとは」の総集編
    2018年7月27日
  • seo
    メタキーワードがSEOに効果がない4つの理由
    2017年11月28日
CopyContentDetectorのホームページ

Copy Content Detector(CCD)を使ってコピぺチェックをすると、コピぺしたわけでもないのに、非常に一致率が高いことがありますよね。一致率が高いと頑張って書いていたとしてもクライアントからコピぺを疑われてしまいます。特に、Webライターはクラウド上でお仕事を受注することが多く、クライアントと信頼関係が築けていない状態でお仕事をするため、Copy Content Detectorの一致率が高いとコピぺを疑われやすいです、残念ですが。

大抵、一致率が高いと修正依頼をされるかと思います。でも、どうやって効率的に一致率を下げればいいのかわからない方もいますよね?Webライターである私が普段からやっている一致率の下げ方を解説しますので、一致率が高くて困っている人は参考にしてみて!

文章中のキーワード数を減らす

 
一致率が高い場合、まず疑いたいのが本文中に使われているキーワード数です。基本的に記事はキーワードに沿ってライティングしますよね。例えば、この記事はCopy Content Detectorの一致率を下げる方法に関するテーマなので、キーワードは「Copy Content Detector 一致率 下げ方」になります。
 
キーワードに一致率が多く見られる様子
 
もっとわかりやすいように、画像を取り上げさせていただきます。上にある画像はSEOライティングのキーワードを量産する記事のコピペチェック結果です。この記事のキーワードは「キーワード、量産」です。ご覧になればわかるように、この記事のキーワード「キーワード」に多くの一致率が見られます。

一致率が高い記事は、キーワードが原因で一致率が上がっている場合が多いです。何故なら、キーワードは他のWebページにも多く使われているからです。特に競合が多いキーワード「クレジットカード、キャッシング、転職、FXなどなど」はキーワードが原因で一致率が上がっていることが…。

解決法
Copy Content Detectorにかけた後、一致率が高く尚且つ本文中に使われているキーワード数が多い場合、キーワードを減らすことで一致率がグーンと下がります。是非、試してみてください。

 

本文中に多く使われている名詞を削除

 
本文中にキーワード以外の名詞が多く使われており、その名詞が原因で一致率が高くなっていることがあります。
 
名詞の一致率が多い様子
 
先程と同じように、上にある画像はSEOライティングのキーワードを量産する方法についてライティングした記事ですが、Googleという名詞が本文中の中で非常に多く見られます。この「Google」という名詞が本文中に多く使われることにより、一致率を上げている可能性があります。

共起語など、記事を書くと必ず本文中に登場する名詞があります。キーワードが原因でない場合、特に本文中で多く使用されている名詞を疑ってみてください。

解決法
キーワードと同様に、本文中に多く使用されている名詞をできるだけ削除してみてください。これにより、さらに一致率が下がってくるかと思います。

 

削除しても問題ない文章は削除しよう

 
一部分の文章を削除するという方法もありかと思います。特に、キーワードや使用率が多い名詞が集中している文章を削除すると一致率が下がります。

しかし、記事を受注する場合、2000文字以上や3000文字以上といった最低限の文字数が決められていることが多いです。もし、文章の文字数がギリギリの場合、せっかく書いた文章を消すのはもったいないので、得策でないこともあります。

解決法
記事のキーワードや名詞が集中している文章を削除しましょう。しかし、記事の文字数が決められており、文字数がギリギリの場合、得策でないことも…。

 

1単語のみの見出し、小見出しはやめる

 
見出しを見直すことで一致率が下がることもあります。特に商品やサービスを紹介する記事を書く時に、この解決方法が当てはまります。具体例を挙げてみましょう。例えば、ファーストフード店を紹介する記事をライティングするとします。そうした場合、下記のような小見出しを付けがちではありませんか。


・<h2>マクドナルド</h2>


・<h2>ロッテリア</h2>


・<h2>モスバーガー</h2>

 

このような小見出しの付け方は、一致率が上昇する可能性があります。サービス名や商品名が有名であればあるほど、一致しやすくなります。そのため、上記のような付け方は改善したほうが一致率を下げられるかもしれません。

解決法
「説明文+商品名」もしくは「商品名+説明文」という形で小見出しを作ると一致率を下げられることがあります。例えば、下記のような書き方です。


・<h2>安さが売りのマクドナルド</h2>


・<h2>フリフリポテトはコンソメ風味がおすすめ!ロッテリア</h2>


・<h2>具たくさんのハンバーガー!モスバーガー</h2>

 

こそあど言葉は消す

 
記事を書く上で絶対に使う言葉がこそあど言葉です。こそあど言葉とは、「これ、それ、あれ、このような、そのような、あのような」といった何かの言葉を指す代名詞や形容詞、副詞のことですよね。こそあど言葉を使わないと文章として違和感があり、読み手に不快感を与えることもあります。

しかし、残念ながらこそあど言葉が原因で一致率を上げていることもあるのです。もし、キーワードや本文中に多く使われている名詞などを見直しても一致率が下がらない場合、(このようなケースはほとんどありませんが…)こそあど言葉を見直すことを検討されるといいかと思います。

解決法
こそあど言葉を消しましょう。しかし、こそあど言葉を指し示す名詞に置き換えると、逆に一致率が上がる可能性があるので、その点は注意されると良いかと思います。

 

早く一致率を下げて仕事効率をアップさせよう!

 
Webライターにとって、記事数をこなすことが収入を上げるポイントです。にもかかわらず、コピペチェックに引っかかったり、修正をしたりしていると収入が下がってしまいますよね。そのような方の為になればいいと思い、この記事を執筆させていただきました。

seoの関連記事
  • CopyContentDetectorのホームページ
    CopyContentDetectorの一致率を下げる方法!是非お試しあれ
  • 「SEOとは」の総集編
  • キーワード選定に励む女性
    SEO効果があるキーワードを機械的に生み出す方法
  • アフィリエイトで稼ぐアイキャッチ画像
    SEO対策をしてアフィリエイトでしっかりと稼ぐ方法
  • アフィリエイトアイキャッチ画像
    SEOの観点から有名なのアフィリエイトサイトを調査した