シルバー(XAGUSD)の取引ができる安全な日本のFX口座とは?

FX

FXは、通常の通貨ペアだけでなく、シルバー(XAGUSD)の取引も可能です。シルバーは皆さんが想像されるように貴金属を意味します。それを米ドルで売ったり、買ったりしてトレードすることができる銘柄です。

 

シルバー(XAGUSD)の取引を検討している人の中には、改めて概要や特徴を把握しておきたいという方も少なくないでしょう。また、シルバー(XAGUSD)の取扱いは海外FX口座が多く、安全な日本のFX口座で取引したいと思われている方もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、シルバー(XAGUSD)の概要や特徴、シルバーを取り扱う日本のFX口座を5つご紹介しますので、興味のある方は、ぜひ口座開設をご検討ください。

 

シルバー(XAGUSD)とは?

シルバー(XAGUSD)は、銀を米ドルで売り買いできるようにした銘柄です。チャートなどでは、XAGUSDや銀/米ドルと表記されます。これからの説明では、シルバー(XAGUSD)をシルバーで統一して説明させていただきます。

 

FXは通常、国と国の通貨を取引する投資です。しかし、実はシルバーやゴールドなど金や貴金属を通貨ペアのように取引することもできます。

 

シルバーでロングエントリーする場合、銀を買ってドルを売る、ショートするときは銀を売ってドルを買うことになります。

 

シルバーは、基本的に海外のFX口座が中心となって扱っていまいました。しかし、現在は日本のFX口座でも取り扱うところが増えてきているため、気軽にトレードすることができるようになっています。

 

シルバー(XAGUSD)の1pipsはいくら?

シルバーは1pips、0.01ドルです。例えば、1ロットでロングエントリーして1pips上昇した場合の含み益は50ドルになります。

 

シルバー(XAGUSD)をエントリーするために必要な証拠金

日本のFX口座の場合、CFD取引のレバレッジは20倍になります。また、最低ロット数は10単位(トロイオンス)です。そのため、レートによっても異なりますが、最低必要証拠金は約1,100円からとなります。

 

シルバー(XAGUSD)だから味わえる5つの特徴

シルバーは、通常の通貨ペアとは違う大きな特徴があります。特徴を大まかにわけて5つご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

ボラティリティが激しく、大きく稼ぐことができる

1つ目の特徴は、ボラティリティが非常に激しいという点です。

 

例えば、シルバーは一週間で500pips~800pips動くことも珍しくありません。また、一時間足チャートでも50pips以上のボラティリティがあります。ポンドに近いボラティリティと考えるとわかりやすいのではないでしょうか?

 

ボラティリティが激しいということは、その分大きく稼ぐことができることを意味します。そのため、一撃で高額の利益を獲得したい人におすすめです。

 

しかし、当然一歩間違えれば大きな損失になってしまうため、リスクを考えた上で取引するようにしましょう。

 

メキシコやペルー情勢に左右される

2つ目の特徴は、メキシコやペルーの情勢に影響を受けることです。

 

シルバーの産出国として有名なのがメキシコとペルーです。そのため、これらの国の情勢に左右される金融商品です。

 

例えば、メキシコは治安が良い国ではありません。そのため、経済にネガティブな事件が発生するとシルバーの価格に影響を与えます。

 

また、産出量にも影響を受ける銘柄です。例えば、メキシコやペルーでシルバーの産出量が減ってしまうと、シルバーの価格は大幅に上昇します。逆に、産出量が増えると価格は下がる傾向にあるのです。

 

そのため、シルバーにエントリーするときは、メキシコやペルーの情勢について頭の片隅に入れておくと柔軟な対応を取ることができます。

 

リスクオフとして買われる

シルバーはゴールドと同様にリスクオフのときに買われる通貨です。

 

例えば、コロナショックやウクライナ情勢など、市場のリスクが高まったときに、それを回避する目的でシルバーが買われる傾向にあります。シルバーは各国の通貨に影響を受けづらく、通貨の価値が下がってもシルバーも同時に下がることは少ないです。そのため、安全性が高くなります。

 

有事のシルバー買いという言葉がありませんが、リスクオフ時に人気の高い銘柄になります。

 

ゴールドの2番手的な存在

シルバーはゴールドの2番手というような扱いを受けている銘柄です。基本的に、あらゆる特徴を持ちますが、それはすべてゴールドに負けてしまいます。例えば、下記のようにゴールドが優勢となってしまうのです。

 

  • ゴールドのほうがボラティリティは激しい
  • 価格がゴールドのほうが高い
  • ゴールドのほうが安全性は高い

 

そのため、シルバーはゴールドの2番手的な存在といえます。「それならば、ゴールドでいいのでは?」と思われる方もいますが、価格が安かったり、ゴールドよりもボラティリティが抑えられているため初心者がエントリーしやすかったりするというメリットがあります。

 

ゴールド同様、シルバーを取り扱う日本のFX口座は少ない

最後の特徴は、シルバーを取り扱っている日本のFX口座が少ないことです。

 

日本のFX口座は、メジャーな通貨のみを扱う傾向にあります。例えば、ドル/円やEUR/USDなどです。そのため、現在保有しているFX口座では取引できない可能性があります。

 

しかし、現在はシルバーを扱うFX口座は増えてきているため、気軽に取引ができるようになっています。最後にシルバーを扱う日本のFX口座をご紹介しますので、早く知りたいという方は、そこまで飛ばし読みしてみるのもいいでしょう。

 

なぜ日本のFX口座でシルバーを取引したほうがいいの?

シルバーの取引といえば、海外FXをイメージされる方も多いでしょう。しかし、日本のFX口座で取引したほうが多くのメリットを獲得することができます。ここでは、なぜ日本のFX口座を使用して取引したほうがいいのか解説しますので、日本のFX口座のメリットを改めて確認した人は、参考にしてください。

 

海外のFX口座は出金手数料が高いため

まず、海外のFX口座は出金手数料が非常に高いです。有名な海外FX口座の中には、出金手数料が4,000円以上かかるケースも珍しくありません。そのため、せっかく利益を得たとしても±ゼロになることも多いです。

 

一方、日本のFX口座を利用すれば、出金手数料が無料になります。シルバーの取引で得た利益をそのまま自身の口座に振り込むことができるので、トレードの利益を実感しやすいでしょう。

 

海外のFX口座はスプレッドが高く取引コストがかかるため

海外のFX口座はスプレッドが高く、コストがかかります。例えば、XMは33程度となっており、比較的高いです。

 

一方、日本のFX会社として有名なGMOクリック証券では、銀スポットのスプレッドが0.0015ドルとなっています。

 

このように、日本のFX会社は特別スプレッドが安いため、優位なトレードを行いたいという方におすすめです。

 

CFD対応のシルバー(XAGUSD)の取引ができる日本のFX口座5選

シルバーを取引することができる日本のFX口座を5社ご紹介します。特徴などについても同時に解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

GMOクリック証券

公式サイト:https://www.click-sec.com/corp/guide/cfd/

GMOクリック証券では、シルバーの取扱いがある日本のFX口座です。非常に有名な大手の口座になるため、所有しているトレードも少なくありません。GMOクリック証券におけるシルバーの取引単位や取引時間は下記の通りです。

GMOクリック証券でシルバーを取引するためには、銀スポットにエントリーする必要があります。また、銀以外にもゴールドや原油などの取扱いもあるため、幅広い銘柄で取引できるようになるでしょう。ちなみに、CFD商品を取引するためには、GMOクリック証券及びFXの開設が必須です。

 

GMOクリック証券でシルバーを取引するメリット

 

  • 手数料無料で取引金額が少ない
  • 銘柄数が非常に多い
  • 銘柄によって夜間・休日の取引が可能
  • デモ取引も利用できる

 

GMOクリック証券

 

DMM CFD

公式サイト:https://fx.dmm.com/cfd/

DMM CFDは、シルバーの取扱いがあります。全部で13銘柄に対応しており、日本225や米国S&P500なども提供されている口座です。金融庁に登録されているため、日本の環境で安全に取引することができます。DMM CFDの実際のシルバー取り扱い実績は下記の通りです。

DMM CFDは、スマホから簡単に申し込みすることができます。また、スピード本人確認を実施しているため、短期間で取引を開始することが可能です。

 

DMM CFDでシルバーを取引するメリット

 

  • DMM CFD PLUSやDMM CFD STANDARDなど取引ツールが豊富
  • アプリから取引することができる
  • 出金手数料や口座維持手数料が無料
  • クイック入金に対応
  • 24時間安心の完全サポート

 

DMM CFD

 

マネーパートナーズ

公式サイト:https://www.moneypartners.co.jp/cfd/

シルバーを取り扱う日本のFX口座としておすすめなのがマネーパートナーズです。

 

マネーパートナーズは、『マネパのまいにち金・銀』という金融商品を提供しており、これを利用すればシルバーの取引をすることができます。また、ほかの日本のFX会社は銀スポットとして銘柄を提供していますが、マネーパートナーズはSilver/USDとして提供しているため、海外FXのようにエントリーすることが可能です。

マネーパートナーズの『マネパのまいにち金・銀』を楽しむためには、FX口座の開設が必須になります。そのため、まずはFX口座を先に解説するようにしてください。

 

マネーパートナーズでシルバーにエントリーするメリット

 

  • 口座開設手数料、取引手数料など各種手数料が無料
  • 最短1時間で取引を開始することができる
  • スターターガイドや動画マニュアルがあるので、初心者でも安心
  • FXだけでなく、暗号資産の取引も可能

 

マネーパートナーズ

 

OANDA

公式サイト:https://www.oanda.jp/

OANDAは、シルバーを取り扱うFX口座です。シルバーなどの貴金属だけでなく、エネルギーや農産物なども扱っています。最大の特徴は、取引銘柄数が非常に多いことです。OANDAはFXの通貨ペアにおいても非常に取扱数が多く、海外FX並みになります。CFDも同様で数多くの銘柄から挑戦できるため、シルバーだけでなく、多くの銘柄に挑戦したいという方におすすめのFX口座です。

 

OANDAのシルバーのスプレッド等は下記の通りです。

OANDAでシルバーを取引するメリット

 

  • MT4で取引することができる
  • さまざまなツールを利用できる(例えば、価格別注文状況の把握も可能)
  • シルバーのスプレッドが比較的狭い

 

オアンダジャパン

 

FXTF

公式サイト:https://www.fxtrade.co.jp/

FXTFはドル/円のスプレッドが0.1銭と日本の中で最狭のFX口座です。FXだけでなく、CFDの取引も可能となっており、主にゴールドやシルバーを取り扱っています。

 

TXTFはスプレッドが非常に狭く、シルバーは0.015です。

そのため、スプレッド重視でシルバーを取引したいという方は、口座開設を検討するのもいいでしょう。

 

TXTFでシルバーを取引するメリット

 

  • シルバーのスプレッドが非常に安い
  • 24時間対応のカスタマーサポート
  • 総合プラットフォームで快適な取引が可能

 

FXTF

 

まとめ

今回は、シルバーの取引ができる安全な日本のFX口座を5社ご紹介しました。現在は、海外FXを使用しなくてもシルバーの取引を行うことができます。

 

日本のFX口座で取引を行うことで、出金手数料が安い、取引ツールを利用できるなどのメリットを獲得することができます。ぜひ、この機会に日本のFX口座を開設してシルバートレードを開始してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました