思わず目にとまる!クリックしたくなる魅力的なタイトルの付け方

魅力的なタイトルを付けることでページにアクセスしてもらえる可能性が高くなります。このことはSEO対策でよく言われることですよね。しかし、どうすれば魅力的なタイトルになるのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、魅力的なタイトルの付け方のポイントをご紹介していきます

<この記事でわかること>
・魅力的なタイトルの付け方

 

派手で力のある言葉を入れる

例えば、下記の2つのタイトルがあるとします。あなたはどちらのタイトルをクリックしますか?

①:「運動で痩せる方法」
②:「圧倒的に簡単!運動で痩せるテクニックの秘訣」

恐らく後者をクリックするという方が多いのではないでしょうか。その理由としては、“圧倒的”や“秘訣”という力のある言葉が入っているからでしょう。

基本的に悩みを解決したいときに検索するという方が多く、悩みを抱えた方にとって力のある言葉は心に刺さります。そのため、思わずクリックしてしまうというわけです。具体的なパワーワードは下記にズラッと記載しておきますので、タイトルを付けるときにこれらの言葉を入れてみてはいかがでしょうか。

 
・本当に簡単!
・驚愕
・必見
・時短
・超
・秘訣
・圧倒的
・絶対
・必須
・間違いなく
・究極の
・快適
・裏技
・効果的
・新常識
・即効
・1時間で
・1日で
・3分で
・誰でも
・意外
・非常識
・常識はずれ
 

ターゲットをタイトルに入れる

ターゲットを入れることで、そのターゲットとマッチした人が見れば、自分のことを言われているのではないかと思い、自然にクリックしたくなるというわけです。つまり、自分に投影してしまうわけですね。

また、ターゲットが入っているほうが自分に必要な情報かどうか判別できるので、ターゲットとしている人にアクセスしてもらい、そうでない人はアクセスしないという流れを作り出すことができます。集客したいターゲットだけ読みに来てくれるというわけです。

ターゲットを入れたタイトルの付け方の例は下記になります。

 
・「中卒でも正社員!」
・「ぽっちゃりからの卒業」
・「主婦におすすめ」
・「野球少年必見!」
・「怒りっぽい!?精神を安定させる方法」
 

そのキーワードでこのページが1番詳しいことをアピールする

情報が1番詳しいページを読めば、ほかのページを閲覧しなくても済みます。調べる時間を短縮することができますし、文章をたくさん読まなくても悩みごとを解決することができるので便利ですよね。そのため、タイトルにこのページが1番詳しく書かれているよ!ということをアピールすればサクッと情報が知りたい人は思わずクリックしてしまうというわけです。簡単に言えば、タイトルに網羅性を付け加えろということになります。例えば、下記のような付け方をするといいでしょう。

 
・【完全版】
・【究極版】
・〇〇のすべて
・〇〇一覧
・〇〇まとめ
 

 

情報が新しいことをアピールする

記事によって情報の新鮮さが重要視されるものがあります。例えば、スマホの使い方やプログラミング、お店の情報、求人情報などです。このような記事にアクセスしたいと考えている人は古い情報よりも最新の情報をもとめていますので、タイトルに記事の情報が新しいことをアピールすれば、クリックしてもらえる可能性が高くなります。

 
・【最新】
・【20〇〇年更新】
・〇〇最新情報まとめ
 

 

タイトルを疑問文にする

タイトルを疑問文で終えるとその記事に対して興味を持ってもらえる可能性が高くなります。なぜなら、疑問文が「知りたい」、「気になる」という心理を掻き立てるからです。また、筆者との距離が近く感じられるため、親近感を持ってもらえる→クリックしたくなるという効果も得られるでしょう。

 
・本当に〇〇!?
・〇〇とは!?
・一緒に〇〇しませんか?
・大丈夫?
・〇〇じゃない?
・〇〇は?
・〇〇がいい?
 

 

非常識なタイトルにする

例えば、下記のようなタイトルですね。

 
・「中卒でも高学歴より年収が上!?」
・「ニートから年収1億円」
・「飲むだけで30キロ痩せる」
・「土木からエンジニアに転職」
・「たった一週間で6パック」
 

非常識な文言を入れることで、興味を沸き立てせられます。少しパワーワードと似たところがあるのかもしれません。特に、ターゲットがマッチすれば、クリック率は上昇するでしょう。例えば、中卒だから年収が低いと思っている人が「中卒でも高学歴より年収が上!?」という記事のタイトルを見れば、クリックすると思いませんか?

 

タイトルで呼びかける

呼びかけることで興味を持ってもらえます。

 
・〇〇しませんか?
・〇〇どう!?
・嘘だった!?
・調べてわかったよ!
 

疑問文を入れるときと同様に、ユーザーと筆者の親近感が増すので、興味が湧くというわけです。特にエンタメ系の記事に使われることが多いのではないかと思われます。また、SNSで記事を拡散させたいなら、呼びかけるタイトルは効果的です。

 

専門家や当事者が書いた記事であることをアピールする

読者は、せっかくなら専門家や当事者が書いた記事を読みたいというのが本音でしょう。大工さんが書いたプログラミング記事よりもエンジニアが書いたプログラミング記事のほうが読みたいですよね?そのため、専門家が書いたことをタイトルでアピールすると魅力的だと思いクリックしてくれる可能性が高くなります。

 
・「弁護士の私が経験をもとに編み出した離婚訴訟解決法」
・「高校中退から東大に入った私が教える勉強術」
・「ブロガーの私が教えます!ブログで稼ぐ方法」
・「子供にいつも作っているキャラ弁を後悔」
 

 

タイトルに数字を入れる

数字を入れることで、「どのぐらい紹介されているのか」や「記事を読み終えるのに何分かかるのか」などがタイトルを見ただけでわかります。また、タイトルがより具体的になるので、「この記事なら知りたい情報を得られるのではないか」と思ってもらえるというわけです。検索結果を見たことがある方なら理解できるかと思いますが、数字が入っているタイトルはめちゃくちゃ多いですよね。ぜひ試してみてください。

・4選
・4つの方法
・おすすめ商品4個!
・たった1つ
・3分でわかる
など

 

わかりやすいことをアピール

特に、難しいことや全く無知なことを調べるとき、人は「簡単に理解したい」と思います。ゴリゴリの専門用語が書かれた記事を読みたくないですよね。そのため、タイトルに「この記事は非常にわかりやすくなっているよ」とアピールすればクリック率を高められます。

・初心者でも簡単!
・簡単説明
・猿でもわかる
・シンプル説明

タイトルと内容はマッチさせる

「魅力的なタイトルにしなければ!」と意気込む人にありがちなことは、タイトルと内容にミスマッチが行っているという状態です。“裏技”とタイトルに書かれているのに、記事の中身に裏技は何一つ書かれていない、10選と書かれているのに、実際には5つの商品しか紹介されていなかったという場合になります。

たしかに、内容とマッチしていなくてもタイトルが魅力的ならクリック率は高くなるかもしれません。しかし、読者はマッチしていないことがわかるとそのページを離れてしまいます。つまり、ページ滞在時間が少なくなりますので、検索順位が下がってしまう可能性があるでしょう。そのため、派手で魅力的なタイトルは非常に重要なことですが、書かれている内容とマッチするタイトルを付けるようにしてください。