【体験談】仕事が不安で体調を崩しやすい方へ【楽になる方法】

学生のときは全く問題なかったのに、社会人になった途端、体の異常が発生した方も多いのではないでしょうか。人それぞれ様々な悩みを抱えていると思いますが、今回は私の体験談も含めながら、仕事が不安で体調を崩しがちな方が少しでも楽になる方法を紹介できたらなと思います。

私がフリーランスになってから自律神経失調症になった話

体になんの問題もなく生活していた私が、突然頭がフラフラして立てなくなりました。横になってもグルングルン回っていたので、仕事の途中でしたがその時は諦めて寝ましたね。

その当時はすぐ治るだろうと思っていましたが、それからは体のあらゆる部分に異常が発生するだけで1年半くらいは大変でした

病院にも行きましたが、検査をしても特に問題が見当たりませんでした。別の病院に足を運んだところ、自律神経失調症と言われていました。

そのときに起きた体の異常

びっくりするくらい眠れない

仕事がなくて不安という時期が続いたからか、自律神経失調症と診断される前は本当に眠れなかったです。夜一応ベッドで横になって寝てみますが、ずーっと意識があるまま朝を迎えます。徐々に外が明るくなっていくのを見てましたね。(笑)

眠れないのって本当にキツイですし、体調も崩しやすくなります。ここ数日間急に眠れなくなったという方は、軽く見るのではなく、本当に気をつけたほうがいいです。

症状が軽くなってもずーっと軽い船酔いが続く

唯一、眠っているときだけ大丈夫でしたが、朝起きてから夜寝るまでは軽い船酔いが続きます。歩いても以前の自分の感覚ではなく、自分ではないみたいな感じが続きます。正直、酔うことが好きではない私にとってこの症状が一番辛かったですね。半年くらいはこの症状で悩まされました。

なんでかんでも不安になる

あれ?自分ってこんなに弱い人間だったっけ?ってくらい不安になり、いろいろなことを気にするようになります。これは仕事のこととかではなく、例えば自分の顔にできたちょっと黒っぽいニキビでも、重大な病気ではないか?と心配になるのです。

時間をかけてネットとかで検索して調べるのですが、原因がわかっても医師に直接診断されたわけではないので、病院に行って大丈夫と言われるまでは不安な状態が続きます。当時の私を振り返ると「自分をそんな重大な病気にでもさせたいの?」ってくらいあらゆるところを心配して気にしてましたね(笑)

体が正常に機能してくれない

私が実際に経験した体の異常は下記の通りです。

・胸焼けが続く
・下痢が続く
・震える
・吐き気
・不整脈
・肌荒れ

これだけ体が悪くなると若くして死んでしまいそうな人ですが、、、本当に正常な機能はしてくれませんでしたね。今でも続いている症状は多少ありますが、徐々によくなったので今は大丈夫です。

やる気が起こらない

そもそも自分の体じゃないみたいな感覚なので、全くやる気が起こりません。なんか気分が晴れなというか、ずっと下を向いたまま時間が過ぎていくだけでした。元気がないので、周りからも心配されてしまいました。

体調が悪くなる直前、自分は何をしていたのか考えてみた

Webライターとして生活費を稼ぐ

今でもフリーランスとしてWebライターとしての仕事は続けています。だけど、恐らく原因はこれ。この仕事が悪いというのではなく、取っていた仕事がヤバイ。何も知識がなかった自分が悪いんですけど、かなり低単価の仕事をしていました。1日に打ち込む文字数は30,000文字以上でした。それで得た報酬は1日1万円程度。

朝から晩までひたすら画面を見ていました。休憩もほとんどなくやっていたので、恐らく体が悲鳴を上げたのだと思います。

基本的に企業は社員のことはとっても大切にします。しかし、軽い契約を結んだだけのフリーランスのことは眼中にありません。「はい、これ書いてくださいね。土日も書けるよね?低価格でね!」みたいな感じです。仕事をもらっている身としては断りづらいですし、一回やると言った以上は納品までしなければならないので、それはもう大変です。

ただ、企業が悪いのではなく、見極めることができなかった自分が一番悪いのです。全部の企業がそうとは限りませんからね。中には大切にしてくれるところもあります。

この方法で少しは楽になれた

仕事を見直すことから始めた

そもそもあまりお金がもらえないのに多忙なところがよくなかった。だから、Webライターとしてしっかりと単価と仕事内容を見るようにしました。

基本的にWebライターは、最初に文字単価をチェックしなければなりません。ここで私はなるべく単価の高い案件だけを絞って探すようにしています。「初心者だから自信がない」と思っても、日本語の文章を書くことは誰でもできます。「初心者だから文字単価0.5円でいいや」と妥協してしまうと生活も身体も苦しくなるので、最低でも1円以上のものを選んでください。そうすれば比較的少ない負担で生活もできるようになります。

また、仕事内容も確認してください。1円でも「文章を書かなければならない」「画像も必要」「WordPressへの入稿も必要」「コピペチェックも必要」「全修正がくる」「レギュレーションがかなり多くて複雑」など、やることがかなり多い場合は1円でも安く感じます。ちゃんと価格に見合った仕事内容かも絶対に確認してください。

仕事を見つめ直すことで、私は少しだけ気持ちが楽な状態で作業することができるようになりました。

デスクワークなら【運動】と【ストレッチ】は忘れない

私は学生時代、スポーツをしていたので、毎日のように運動をしていました。しかし、この仕事に就いてからは全く運動もストレッチもしなくなったのです。理由は「する必要がない」「面倒くさい」と思っていたからです。

ただ、一気に運動を止めると身体が本当に固まります。筋力も落ちます。そのまま放置し続けると慢性的な肩こりや頭痛に苦しむこともあります。私も全く身体を動かさなくなったから体調を崩しました。

でもこのままではよくないなと思ったので、仕事を見つめ直した後、ちょっと余裕が出てきたのでウォーキングから始めることにしました。ランニングも考えましたが、船酔いのような症状が続いていたので、走るのはちょっと苦しかった。

実際に運動を1日20分〜30分程度続けたことによって、少しずつですけど身体の凝りもなくなり、体調も少しずつ良くなりました。

あと、運動することで疲れますよね。そうすると眠れるようになるんです!夜ぐっすり眠れるようになったことは、本当に大きいと思います。やっぱり睡眠は大切ですね。

朝は太陽に当たって、白湯と紅茶を飲んでリラックス

自律神経が乱れると、朝起きたときから体調が悪いです。でもシャキッとしなきゃなと思ったので、太陽の光を浴びながら朝を過ごそうと思いました。

特にフリーランスでデスクワークだと、家から全く外に出ません。これもよくないですよね。気のせいかもしれませんが、太陽の光を浴びることで冬でしたけど芯から身体が温まる気がしました。それだけでちょっとリラックスできて体調回復です。

それに加えて暖かい白湯と紅茶も飲むようにしました。深呼吸もしながらこれを毎日続けたことで、普通の日常を過ごすことができるようになりましたね。

不安や心配することをやめた

「仕事に対する不安」や「体調面での不安」など、考えればいくらでも出てきますが、諦めることが大切です。「もしこうなったらこうすればいいじゃん!」みたいなことを私は自分に言い聞かせるようにしました。

体調が悪くなると、自分は生きていけるのか?など心配になることがあります。この場合、「もしそうだとしてもそれが運命だから仕方ない」など強気に生きることで自然と心配することもなくなり、結果的に体調も良くなりました。

特に自律神経失調症になったら、自分でどうやってメンタルを整えていくかが大切かなと思います。

Template Name: テスト Template Post Type: post